スキー複合個人ラージヒルの渡部暁斗選手は、ジャンプがトップなので金メダルに近づきながら、結果はドイツ勢三人が表彰台を独占。やはり気になったのは、体重以上にワックスが合わなかった疑いです。

スキーやスノーボードの裏面のワックスは、雪質によって変えます。日本国内でも、鳥取、長野、北海道の各スキー場で使い分けることが多く。雪温が高いと撥水性、低いと摩擦対策で、パラフィンやフッ素樹脂などの固形ワックスが多種類製造されています。アイロンで溶かして塗ります。

草レースだと選手が塗るわけですが、ワールドカップや五輪ではワックスマンが同行し、当日の雪質を分析しワックスを選びます。「スキーが滑らなかった」という声は、ワックスが合わなかった意味です。

ワックスがあまりに合わないと微妙な差どころでなく、何となくつんのめって後傾に構える重い感覚が起きるなど、初級者でも滑走性の悪さに気づきます。冬の五輪で純粋にタイムを競う種目は全て、空気抵抗とともに雪と氷の摩擦との闘いになっています。

ワックスの失敗を選手が訴えないのは、ワックスマンに全面的に頼っている理由もあります。ドイツ選手がそろって好調だったのは、ワックスかストラクチャー(裏面の細かい刻み加工)のノウハウもあったかも。

マテリアル選びは美術でもあります。一歩離れるとかすんで他人に伝わらない絵を見ますが、線が細すぎるペンが原因です。世界に挑むにはそれなりの太さで繊細に見える絵へと、やり方を変える必要もあるでしょう。
スポンサーサイト

関連記事
|02-20|その他||TOP↑
今、クラウドファンディング第一弾の準備中です。資金活用のプレゼンテーションなので、ポイントも色々あるようです。それ以前に、募集会社からの要求は幅広く細かいものです。そう簡単にはできません。

値打ちが高い謝礼品を豊富に用意できるかは、挑戦者の関門になっている気がします。こちらに世界一のアート絵はがきシリーズがあると自負はしても、嗜好の内外差を具体的にくらべたことはなかったもので。

ところで今日は五輪フィギュアスケート男子を、ラジオで聴きました。日本勢は金銀を同時に獲得し、ニュースの声もはずんでいます。すぐに思い出したのは、かつて長くフィギュア男子が国内で不人気だった頃です。

ひっそり出場した往年の日本選手たちは指導側に回ると、本気で勝とうと変革してきました。全体の力量が上がると、一転して冬季五輪で一番人気となり、好循環が起きています。各地でエキシビションが大入り。理解されるコツは、内容を充実させることでした。

日本では概して現代アートは理解の外ですが、現代アート関係者は国民が時代に追いつけば解決すると思っているようです。内容を充実させるべきだと指摘しても、現代アート推進側は受けつけません。不備は国民側にある前提で、もっと強く広報すれば理解されるつもりらしく。

こうした在来作品ありきの現代アート業界と異なり、スケート業界は出し物の改良で国民を魅せる策をとりました。現役選手のがんばりだけでは変わるものでなく、上層部が目的意識を整理して計画を立てたのは効果的だったでしょう。
関連記事
|02-17|クラウドファンディング美術支援||TOP↑
冬のオリンピックは、全員が公平にはなりません。スキーの回転や大回転は、ポールや旗門のきわを皆が回り、徐々に雪が掘れ自分のラインどりが難しくなります。そこで塩類をまいてアイスバーン化し、ランキング順に一本滑り、タイムの逆順に二本目を滑って合計タイムで競うなどが対策です。

雪と氷の宿命で足元の状態が皆違い、だから夏の大会ほど厳密性がないのは確かでしょう。そこでジャンルごとのワールドカップのシーズン成績と照らし合わせて、リザルトが順当か波乱かを観客も計算に入れて見ることになります。

平昌オリンピックで、スキージャンプ男子とスノーボード女子スロープスタイルは、法外な強風で波乱となったようです。「でも全員が同じ条件だから、言い訳はやめよう」という声もありますが、そんなわけはありません。

仮に選手一人の体に吹きつけた強風のエネルギー量が全選手とも等しくても、吹きつけたタイミングは異なります。その瞬間の姿勢によって運悪く転ばされたり、運良く無傷だったりします。

そこまでの波乱はなくとも、公平のばらつきは美術の団体展でもあるでしょう。会場のどの場所か、隣に何が来るかでビジュアルな干渉が起きたり。自信作が低評価となった時、位置の不運を嘆いたり不満もあるかも知れません。しかし自分がよい位置を占めると、他人は逆になります。

この課題に対してこちらで行ってきたのは、ビジュアル的に引き立つ配置を考えることと、途中で行う作品の並び替えでした。さかのぼって、搬入時に梱包開封を簡便化して、時間の余裕をつくる必要があります。展示会場に零下十度の強風はなくとも、下準備はやっぱり重要です。
関連記事
|02-13|その他||TOP↑
ジャパン・フェスティバル・ベルリン2018の記録ダイジェスト映像です。関係する美術が7分以降に一瞬だけ出てきます。→Japan Festival Berlin 2018
関連記事
|02-11|ミニマム個展物語||TOP↑
平昌(ピョンチャン)オリンピックの開会式が終わったところ。日本のスノーボード選手は、そろそろ五輪金メダルが出てもよい頃に思えます。前回は銀でした。ボードのやや異物的ポジションを、一般化させる機会でもあり。

1986年頃は長野県の大半のスキー場で、スノーボード(当時はスノーサーフィン)は禁止でした。ボード持参でリフトに乗るのも禁止で、登山客としてテクテク歩いて上に行き、オフピステを滑るしかなかったのです。

当時のボード製品は砲弾型シェイプで、180度プロペラしてバックで滑れないもの。映画『私をスキーにつれてって』では、スノーボーダーのエピソードもなく、実際のゲレンデでも珍しかった超マイナースポーツでした。

それが、前後対称の長円形フリースタイルボードと、モノスキーに似たアルペンボードに分かれてヒット。旧型スキー板の物理限界によるスキー場の大不況を、救世主的な新アイテムとして支えた歴史となったのです。

ボードはスキー場の秩序を、一時的に壊しました。両足スタンスが固定で、雪面に止まって立ち続けられず、谷に向いて座ってばかりの障害物。左右非対称の死角が原因で、前走者への追突。厳禁のイロハだった靴歩行で雪面に穴をあけ、コース外の遭難騒ぎもボードが圧倒的比率。

スノーボードを美術にたとえれば、具象アカデミズム相当のスキーに対して、新興の現代アートでした。高齢の先輩がいない自由度の高い世界で、80年代の若い入門者が今最長老の重鎮となって、技術的な蓄積もできてきました。しかし、国際スキー連盟の下に置かれた自主問題はあります。
関連記事
|02-10|その他||TOP↑
2018年1月27~28日のジャパン・フェスティバル・ベルリン2018で、ブランド絵はがきの販売数ベスト8です。3位が5種、8位が3種で計10種。毎度ランキングされる人気絵はがきがありますが、新作の折り紙デザインはダークホースとなりました。

10種のうち8種は人物系で、日本の感覚ではあまりしっくりこないかも知れません。日本では絵画は昔から風景が一番人気で、外国は逆に人物モチーフが強い。これは、内外アートに関わる大きい話でもあるのですが。

今回はジクレー版画ともども、偶発的と思える片寄りもみられます。感激の初売れは、ここにない立体造形と工芸品の写真の絵はがき。テーブル置きディスプレイに変えて、見え方が変わったのもあったでしょう。過去とくらべると変化がわかります。

ブランド絵はがきコレクション
関連記事
|02-07|ブランド絵はがき物語||TOP↑
外国の美術展覧会は日本と違い、役所内ギャラリーでさえ作品に値段をつけて売ります。自信満々で売れなかった美術家は、自信喪失したり、くさったり、あるいは責任を外に求めるなど、心理動揺するかも知れません。

中には、自分がいかにゴッホに近いかを実証するために、売れない連続記録を暗に期待する画家もいるかも。いつかはギネスにのってやると。アート作品の売れる売れないは、ゲーム感覚みたいな面もあります。性格占いもできそうな。

しかし連ちゃんだと気づきますが、売却は時の運が大きくて、団体展では「自分の時間」みたいなものも生じます。売れたから今後は類似作に傾いたり、売れなかった作風を放棄したりだと、偶然性にペースを狂わされるでしょう。ベテラン美術家はその分析と駆け引きがうまい。

美術大学では、作品を売る哲学は教えていないはず。売れた時や売れなかった時に、どう対処すべきかが一般論になっていないものです。ここが大事なのは、他の商品と違って芸術は否定的に存在できること。

新しい作風を、世界初でつくるから創造と呼ぶのであって。だから外的にマンネリを起こさず、内的にマンネリを起こす難しい作業になります。そんな作品は第三者から見れば、何かが変で異様で異端だったり。理解が遅れるのが芸術の取りえです。

ドイツでの日本美術展もこの基本は変わらず、売れずの作品をもっと売れにくい方向に徹底する作戦もあります。なかなかブレイクしないタイプに、大きい期待をかける正義の理屈がちゃんとあるのです。
関連記事
|02-05|作家方針の工夫||TOP↑
「日本はもう経済成長しないから、その前提で国づくりすべきと思います」。こう述べる人は、外国に目を向けると開眼するかも。人口減少や少子化が日本より激しい国々は、逆に経済成長(GDP上昇)しているから。投げない国は成長する。

日本だけがただ一人、経済成長しない26年。『サザエさん』の提供が、東芝から外資系のニッサンへ移ると報道。世界には日本を経済成長させない流れや誓いでもあるのかと、ネットでしばしば言われています。

論点のひとつが、基礎的財政収支(プライマリーバランス、PB)です。日本政府が国債を出す時、配下の日本銀行から発行し、親が子から借金するかたちです。この借金はよそ(外国)からではなく、内内の貸し借りだから「国の」借金や赤字と呼ぶのは曲解だという。国民は貸す側。

それを国民の累積借金800兆円と呼んだパニックが、20世紀末の中央による例の議論でした。このメカニズムを語れるマスコミ人は日本にいなくて、海外からの異論にとどまっていたもの。政府PBの貸方に当たるこの自称赤字は、今は1000兆円を超えています。

この曲解に目を向ける日本人が今や増え、もっと素朴な疑問もあります。国債が増える不健全は、政府PBの貸方がGDPの2倍になるとメタボ状態だからとされます。それなら逆に、GDPの方が今の倍の1080兆に増えれば、PBの貸方が今の倍の2000兆にふくれてもメタボ度は同じ。ムダを減らすのではなく、ムダができるほど経済成長すれば早い。

日本の人口はドイツの1.53倍で、この程度に気づく者が日本に一人なわけはなく、アンチ成長派が政界にいる疑惑が出ています。今は投資カットで成長が止まっているだけ。GDPを減らせばムダも減ってくれる奇妙な思想が、今の日本です。経済成長は、中央の投資で故意に起こすものだから。
関連記事
|02-01|美術の基盤は経済||TOP↑
ジャパン・フェスティバル・ベルリン2018

オリンピックの日本選手、優勝候補が銅メダルに終わった直後。「銅ならいらない」「捨てたい」「誰かあげる」と本人の感想。自分史に黒歴史が生じたからと、インタビューでも不満顔。

生涯一個に終わったその銅メダル。しかし後年テレビの感動シーン特集で繰り返され、スタジオに出演でき、議員に当選できと、絶大な効力。結局あきらめずに獲得してよかった。あの時の金銀とも後の天才たちで、自分は善戦していたと後で知る。

似た現象を美術で考えてみて、時間がたつほど価値が出るひとつは展示イベントの写真です。世に山とある賞状類より、むしろ貴重になるから。

開催直後は、この程度の写真はいらないと感じて関心もなく。ところが歳月は怖いもので、30年後に本でも出す時に写真があれば違います。記者たちの合言葉「絵が欲しい」というやつ。一枚の写真で記事が書けるから首がつながる、パパラッチの必死さもそれでしょう。

この時間差の有用性も考え、会場撮影は計画的に進めます。まずカメラの選定。簡略カメラが画質を誇るのは戸外で、屋内イベント会場では散々なのが普通です。低照度のタングステン光やミックス光の下は、撮影条件が難しい部類だから。

ぶれてぼんやり、ピントが合わない、黄色すぎ、じめりと暗い、霜ふりノイズ、カサカサ灰色に浮いた黒、真っ白ハイライト。が、高画質カメラは大きめだし調節カ所が多く、機能を片寄せる特殊な設定も必要だから、説明書を見ながら打ち合わせます。
関連記事
|01-29|写真とカメラの話題||TOP↑
ジャパン・フェスティバル・ベルリン2018

2018はいつもの絵はがきスタンド、ワイヤー製のあれが用意できず、一般的なテーブル置きになりました。やはりスペースをとるので、何カ所かに分けています。スタンドを購入して所有する案も出たのですが、ご想像どおり保管コストで無理でした。

その絵はがきは、シリーズ内でも競争になるのですが、この階にもライバルは多くあります。デザイン系の階にもアニメイラストなどがやはり競合し、広くはベルリン市中で見る絵はがきも競争相手です。だから見劣りしないよう時間をかけてつくっています。
関連記事
|01-28|ブランド絵はがき物語||TOP↑
ジャパン・フェスティバル・ベルリン2018

四者四様のマイクロ個展のひとつで、三ジャンルをリードしました。過去にもたびたび売れて現地新聞にものった抽象画家で、今回はモノクロ系中心でしたが、この後も売れ2日目は半分の展示数になります。

今回勢力規模が小さくなったジクレー版画ですが、最低2点出す理由のひとつは2日目対策です。さらに1日目に2点とも売れ2日目の不在も起きたので、4点の出品も増えています。
関連記事
|01-28|展示会場スケッチ||TOP↑
ジャパン・フェスティバル・ベルリン2018

携帯から直接送ってもらいました(撮影:Emiko Oeda)。
関連記事
|01-28|展示会場スケッチ||TOP↑
さきほど、スタートしました。
現地ドイツからの情報はここです。→Facebook
関連記事
|01-27|展示会場スケッチ||TOP↑
あさって1月27日に始まるジャパン・フェスティバル・ベルリン2018のスタッフ用資料は、すでに現地へ送っていました。日本側としては待つだけです。

日程は、
2018年1月27日(土)10:00~20:00 (日本時間18:00~4:00)
2018年1月28日(日)10:00~18:00 (日本時間18:00~2:00)
日本時間は8時間先行します。

今回は前回のドイツ国側の盛況を受けて、恒例化を意識したものとなり、個々の作品をいっそう充実させる方向を狙いました。昨今は外国で日本アート歓迎ムードがあるとしても、物足りないまま売り抜けるのは避けたいからです。ただし日本は不況なので、登場メンバーは限られました。

今回の見どころは、まずジクレー版画。強豪の少数精鋭に近い状態です。4点の出品がいっそう増えています。単価を上げたい希望もあります。

ブランド絵はがきも新作はわずかにとどまり、途中で降りた方が多かったのです。絵はがきは100枚つくるから、誰も買わない前提では出しにくい事情もあります。そこはジクレーと違い、売れ数を伸ばしたいところで。

マイクロ個展は、アートアクセサリーの後継です。絵画作品にまで広げたので、4種類の作品群が並びます。海外の展覧会は見物よりも買い物なので、絵をテーブルや床に置いても成り立つので詰め込みました。お客様はちゃんと中味を見ていますので安心。
関連記事
|01-25|ジクレー版画物語||TOP↑
年明けすぐに公立美術館へ用事ができ、いくつか発見がありました。その美術館は、バブル時代の最晩年に滑り込みで建てたもの。直後の最初の消費税アップで日本経済は目に見えて暗転し、書店やCD店がどんどん閉鎖し、昨年2017年までが「失われた20年」と呼ばれるそう。

実は失われた20年とは、バブルの後始末、すなわち土地担保暴落による銀行不良債権問題を、国費投入で解消しなかった日本の失政を、先進7カ国が批判する枕言葉でした。長引く不況で用い方が変わり、本来は1992年が起点で、今年で失われた26年と世界記録更新中のこと。

話は戻り、その公立美術館の売店にある絵はがきが粗末だったのです。デザイナーの仕事に目が行く職業病もあるとして、「わっ、きれい、これも、あれも」とはならず、商品価値に疑問。素人ふうレイアウトで色も悪い。

我々が作るブランド絵はがきの当初の宣伝は、「画廊が送る個展DMとは次元が違う美しさ」でした。ところが、国内美術館の商用絵はがきまでも、経費節減DMレベルだとは。デフレ社会の100円ショップ的ローエンド狙いか、299円幕の内弁当ふう大味。

差の原因は民需の論理外である以外に、日独アートの特殊化対一般化もあるでしょう。優れものを競う必要が元々なかったり、販売スペースを埋める程度で現実に足りている疑いです。デザインをよくしても、どうせ売れないとのあきらめ。身内だけが買えばいいやと。

日本で美術の競争が起きにくいのもあるでしょう。外国で主流のアートフェアほどガチのオリジナル制作競争は、公募コンテストでは起きないし。世界がたじろぐジャパン・クオリティーが、美術関連に限って逆なのは新発見でした。もちろん先進国唯一のGDP横ばいが決定的すぎて、他の理由を添えても無意味ではありますが。
関連記事
|01-21|ブランド絵はがき物語||TOP↑
The Super Web C Japanとは、ドイツで展示する団体名です。何もないとJapanese contemporary artistsなどその他大勢に分類され、同一性がなく埋もれる対策です。絵はがきやジクレーは出版物なので出版社名。

こちらのサイトを海外の美術コレクターが見に来て、参加画家をたずねて買った話を聞き、新たな補強を考えていました。まずは、現地向けの広報ペーパーから。(ジャパン・フェスティバル・ベルリン2018個別チラシ)

作家サイトを作っても何も起きないのは、美術では普通です。音楽情報ほどは美術情報を知る熱が入らない、現代人の関心の片寄りです。とりわけ日本では、有名画家になってから鑑賞しても間に合うとして、未知の画家をあえて探す動機もないし。要はどうでもいい。

だから作家サイトを作っても、手ごたえもなく放置になりがち。そんなサイトでも、ネットに情報をまく仕掛けを加えると、世界の誰かが見る確率が上がる結果論があります。サイトを直接閲覧してもらう以外の効用があります。他国の市民は、日本ほどは新興美術と縁遠くないし。

コンテンツの不備や不足と別に、機会を活かす確率を上げるには、ひとつはリンクを張って露出度を上げる手があります。これはGoogleなど検索ソフトの機能が被リンク優先ながら、リンクもアルゴリズムに関係させているであろう長年の勘のようなものですが。

ところで美術活動の低迷原因に、何かをがんばった自身の高揚があります。世間が自分を知る機会がまだないうちに、自分の中でドラマが進行して盛り上がる失敗です。実際は、かっこよい姿は脳内にあるだけだから。まずは互いにリンクを張り、ネットワークの下地づくりからです。いったい何の話だかという方は、ご相談ください。
関連記事
|01-18|作家サイト作戦||TOP↑
振袖の販売会社が納品当日に消えて、社長がゆくえ不明の事件。被害者への同情以外に批判も盛んです。100万円分の服を着る20歳女性へのぜいたく批判も噴出し、日本に特有の平等意識と、格差社会の貧困で生じた精神荒廃の風景というか。

文化人類学にあるように、成人式の振袖はイニシエーションの機能を持っているようです。イニシエーションと呼ぶ文化行事は、日本語に訳すとしばしば「成人式」となり、各民族特有の大人社会に入る関門です。

男の子がやらされるイニシエーションにバンジージャンプがあり、また世界には虐待として廃止されたイベントもあります。女の子の場合、成人式の振袖姿は七五三の延長に相当する節目かも知れません。しかも意外に新しいイベントです。

振袖での参列は古来の風習ではなく、昭和の、戦後の新興伝統だそうで。洋服に席巻されて不況になった呉服業界が、何とか販路をつくったことで、成人式に花を添えたかたちです。大陸の呉の時代に伝わった呉服が発展し、保全し残ることができている状態。

外国から見るとニッポンのあこがれファッションで、80年代のテイスト・オブ・ハニーが「スキヤキソング」を歌うステージ衣装とか。無駄で華美なのが振袖の価値といえます。宮大工の世界と少し似た、ロストテクノロジー寸前の成功例。

近くドイツで展示する作品にも、振袖のモチーフがあります。キラキラ部分がうまく輝いた状態を撮った一枚を採用していて、柄がよい濃度で出るように何度も調整し直しました。
関連記事
|01-13|世界に伝えたい日本の奥義||TOP↑
審査とは検閲なので、受ける側は不安です。不合格だったらいやだし。しかも審査する側に確かな基準や軸線がなかったり、ずさんかも知れないし。何年か前に、審査員と出品者が裏でつながっていた大規模公募コンテストがニュースになりました。評価の恣意性に乗じた出来レース。

ここでやる審査は、公募コンテスト式の切り捨て目的ではなく、出せるものを探す目的です。おこがましく言うなら、引き上げ方を見抜く審査。アートフェアだから、一応フェアです。意外に多いのは、出し惜しみでB級作を選ぶ失敗を防ぐことです。これは一応ジクレーで解決済み。

しかし実物も高精細写真もない場合や、既存作品がイマイチな時は、新作の方向をまず決めます。現代の美術家の大半は作風を複数持つスイッチワーカーであり、スイッチし間違うと徒労になるから。

作者の関心と外国の関心を重ねるために、より芸術的な作風を選ぶのが基本です。芸術的であるがゆえにお客に嫌われてしまう事態は、欧米では少なめとわかっています。残念ながら日本では今も多くて、参加者からもトンデモ体験がちらほら耳に入りますが。

日本だと保守対革新や具象対抽象のあつれき、ヘイトに巻き込まれる不安があります。具象だけがわかる画家が審査し、抽象が切られてはたまらない。よくあるパターンと違うから、間違った絵だと言い出す審査も横行。作品をわからないと言わず、嫌いと言い出す。自身がついていけない作品だとは白状しない、困った天の声。

結局その不合理を人類は解消できないと自覚したから、欧米の新作大規模展覧会はコンテストでなくアートフェアという、マーケット方式が主流になっています。見るお客の全員が審査員となり、しかも評価して終わりではなく、評価者が買い取る本気の対決になります。
関連記事
|01-08|芸術の秘密と謎||TOP↑
24日後に展示するジクレー版画の多くは、すでにレイアウトデータをドイツ側へ送ってあり、遅れている分は引き続き編集中です。版下を並べると過去最高の品ぞろえに見え、少数精鋭的に総力が上昇した気はします。

原画を輸出し会場に置くやり方から微妙に変えたのは、売れた作品点数の割合が少なかったからです。一点も売れなかった展示でも、日本でなら見てもらえてよかったという喜びになります。が、外国では売買が文化交流の本意なので、購入数が皆無の展覧会は失敗です。

そこで、相手が買う気になる理由を持っている作品を集める発想に変えたわけです。買う理由が足りない作品があれば、買う動機となる何かを編集で足します。よくあるのは撮影時の綾を表現に加える微妙な世界で、トリミングしたりサインをカッコよくしたりもあります。

こうした作品改良は、欧米にもあるのか。たとえばアメリカのギャラリーは、取り扱い作家に意見や要望を細かくつけてくると、参加者から聞きました。貸ギャラリーと違い企画ギャラリーは美術商店なので、商品を向上する意見や注文がついて当然。えっ、アートを商品と呼んじゃっていいの?。

実はこの問題は根が深く、日本では見せてナンボ、他国では売ってナンボの差があります。売れるようにしますと言うと、売れなくていいから自分のやりたいとおりを希望と、日本特有の思想が根強いのです。ヒットは打てずとも、今のスイングフォームを続けるんだ式のバッターに似た心意気。

こうしたプロ否定傾向が合成された結果、日本に美術の一般市場が築かれなかったと考えられます。作る側に売るつもりがないと、買う文化ができない。それは一応ニワトリとタマゴですが、我々のジクレー版画は知らない他人様が買う理由を盛り込んでから、現地へ届ける考え方です。
(作品見本
関連記事
|01-03|ジクレー版画物語||TOP↑
新年おめでとうございます。我々は日本の新進美術をヨーロッパ国へ紹介しつつ、徐々に創造育成へ広げています。主力の現代アートは、絵や彫刻など動産型の三大画家タイプです。痴漢やテロなど、お騒がせ事件もアートだと拡大解釈したダダ運動タイプではなくて。

旧年の身近な事件は、参加者の相次ぐ休止でした。日本代表が減った損失。原因はEUのテロではなく、日本のデフレ不況です。若い人が生まれた時から停滞する日本は、不況26年目のヤマ場が初夏に来るそうです。

デフレを促進する現行の文言を、再度入れるか削るか。入れると東京五輪の年に景気五番底が来る経済原理だそう。主要国で日本のみGDP(国民総生産)が横ばいした、この20年でした。政策指針に書く単語で、景気動向が切り替わる分岐点が来るという。

日本の資金力、ジャパンマネーの弱化は、よく体験します。2016年中にベルリンの関係ギャラリーもなくなったし、円安で我々の現地購買力が落ち、出資不足で攻めきれない事態です。やりがい搾取も他国は法律違反だし、徐々に現地で動きが限られてきたのも事実。要は出品料が低すぎ。

「前も円安はあったのに、なぜ出品料が不足?」の疑問は、デフレ社会の感覚です。世界各国のGDP(国民の所得合計とイコール)は上がり続けていて、ドイツも人件費が年々上昇中。プリント料も郵便料金も、物価は毎年値上げされます。価格破壊による経済縮小は、世界で日本だけなので。

冬のキリギリス役アーティストを支援するのに、参加者からクラウド・ファンディングをすすめられました。資金支援する制度。日本らしい現実として、「購入型のみ」「主な支援は内輪」だと知りました。我々には秀作のストックがあるから、値上げを食い止める目的で計画してみます。
関連記事
|01-01|クラウドファンディング美術支援||TOP↑

日本現代美術をドイツへ

ギャラリー日独物語

リンク

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

ブログの記事集

ミニコラム集1
ギャラリー日独物語

ミニコラム集2
ギャラリー日独物語

最新トラックバック

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR