作家サイト制作ワークショップの準備で、サイトフォーマットを改造中です。従来と基本構造は同じですが、ある部分の遊び要素を拡張した付加価値バージョンといえるものです。

サイト(ホームページ)づくりの心配のひとつは、時代遅れになる早さです。インターネットの正体は電話用の信号線にすぎず、WWWの仕様を国際管理団体が決めて機能しています。サイトづくりのガイドラインも毎年更新され、既存サイトは古びさせられてしまいます。

そうした仕様の流れとは別に、時代感覚の流行もあります。何年か前の大流行は、FLASHプログラムを使った自動プレゼンテーションでした。トップページにビデオが流れたり、何枚かの写真が切り替わるあれ。

それすらすでに、じれったさを読者は感じるようです。ネット閲覧の時間節約志向も高まり、オートアクションがじゃま扱いされやすい現状です。

サイトを徐々に増改築すれば延命できそうに思えますが、現実はコストと手間がかかります。時間がたつと、制作者も内部構造を忘れるし。古びたサイトを当分がまんして、いつか建て替えるのがほとんど。だからネットに、廃屋状態の古サイトや放置ブログが多くあります。

当作家サイトはできるだけ古びないように、手作り感のあるアナログ風レイアウトです。最新式と言わない、80年代エディトリアルデザインの応用。
スポンサーサイト

|05-05|作家サイト作戦||TOP↑
サイトの見え方の話題です。WEBサイト(ホームページ)は、映すブラウザソフトごとに違って見えます。機材によってレイアウト再現が異なり、印象も変わります。サイトデザインの評価も、見るソフトで差が出ます。

よくある違いは字や画像間の距離が、近く詰まって見えるブラウザと、遠くスカスカして見えるブラウザです。一番多い体験は、横線を引いた上下の活字が横線からどれだけ離れるかです。また、四角スペースを積み上げた全高も必ず違います。

Google Chromeという新型の略式ブラウザソフトが無料配布されて以来、これで見た時だけ文字が大きくなるトラブルがネットに増えました。プログラム機能の不備、つまりバグらしい。

今現在、Firefoxは最も活字が詰まりコンパクトになり、Google Chromeだと活字が大ぶりで横へ広がったレイアウトになり、一行に収まるはずの文が二行に押し出される部分が目につきます。詰組のプロポーショナルフォントが、活版印刷ふう等幅フォントに化けるからです。

Internet Explorerは両者の中間的ですが、以前とは逆にFirefoxに近くなりました。どう作れば個々の違いを乗り越え差を小さくできるかは、WEB業界の悲惨なブラック就業と過労死の原因でした。個別の解決に定説がなく時間もかかり、しかも毎年変化するから。今のフォント化けはこちらで実験し修正できたものの、ネット情報はありません。

無料サイトやブログは、最も大ざっぱに映るブラウザに合わせ、大ぶりで大味なレイアウトに作ってあります。精度を感じないアバウトなレイアウトは、無料だからボロくしたのではなく、自由競争と自動更新のカオス対策になっています。
|04-14|作家サイト作戦||TOP↑
「たとえばこういう作品は世にないのか」とネットで調べることがあります。「塀を乗り越える河童」の絵とか。そして作家サイトやブログにたどり着いて思うのは、多くのサイトは操作性が悪く不便だということです。

最悪なのは、トップページに押しボタンがないのです。あちこち探せば見つかりますが、さっさとあきらめる人もいるでしょう。作品を見せるのに失敗する確率が高まります。8秒ルールも、今では短縮しているでしょうし。

幸い「Gallery」「Painting」などのメニューがすぐに見つかって、しかし作品を出した時にまた問題。二点目を出すのが手間なサイトが多いのです。出ている画像をいったん消さないと、別画像の選択画面に戻らないとか。お手つきミスを誘発されて、何度もブラウザが閉じたりして。

自動表示機能とぶつかり、操作がこんがらがることもあります。無制限だからと詰め込んだ作品が100枚もあると、訪問者はベスト作を目にできなかったりも。試しに押した作品がナンバー37で、ナンバー1や2を見ずに読者が去るとすれば、力量を低く見られて損します。

無料サイトやブログは、一定時間更新がない時に悲惨です。作品画像の上に一般広告が重なったり、下に押しのけられて表示され、金融やビジネススクールが目立っているのもよく見ます。

自分の願いどおりにサイトを作ると、見る側の立場から遠のくのが常です。今こちらで受注している作家サイトは、それらを全て解決してやろうと、慣れる必要のないデザインになっています。
|10-28|作家サイト作戦||TOP↑
サイト(ホームページ)のレイアウトが、ブラウザソフトによって多少違って映る体験はよくあります。時にはレイアウトが崩れて映ることも。こうした表示の差は、ページを切り換えた時の挙動でも生じます。

このブログ記事を映し、左のリンクを押して過去記事に替えた時、Google ChromeやFirefoxではなめらかに切り替わり、Internet Explorer(IE)ではガクッと粗雑に切り替わります。

IEの粗い動作は、ページ全体を再描画するせいです。前ページと後ページで変化しない部分も、いちいち全部消して映し直すオールクリア方式のせいで、「またたき」が目立ちます。昔のWindows版イラストソフトで、マウスでつまむたびに画面全体がバウンドしたのと似て。

Google Chromeだと、変化しない台紙や画像は消さずに映し続けるという、最小限のリフレッシュ処理が功を奏し、またたくような暴れが起きません。差がある部分のみ、さりげなく差し替わる感じ。ビデオボードへの描画命令がスマートです。

この違いは、ブラウザソフトが使う描画プログラムの違いです。アウトソーシングで作られた描画エンジンなるものは、それぞれ異なる特徴を持ちます。異なるブラウザソフトでも、同一の描画エンジンを採用すれば、映り方は同じです。日本製の描画エンジンも存在します。

WEB制作業者は映り方の違いとシェア動向とで、ブラウザ最適化を行います。昨日まで無料アップグレードできたWindows10では、IEからEdgeに替えてあり、そのシェアで制作のツボも変化するでしょう。
|07-30|作家サイト作戦||TOP↑
Windows95の頃、Netscape NavigatorとInternat Explorerのシェア争いが「第一次ブラウザ戦争」で、今は「第二次ブラウザ戦後」だそうです。

ネットを閲覧するブラウザソフトの国別シェアをみると、Internat Explorerが一位は日本で、ドイツはFirefoxが一位。他の欧米、ユーラシア大陸全般は、Google Chrome。四強のひとつSafariは、Windows版は生産終了。

三強で無料サイトやブログを見くらべると、配置や文字サイズが違います。が、特注サイトはほぼ同じに映ります。これは、各ブラウザ向けに修正しているから。ところが1月16日からMS社は各OSの最新IE以外のサポートをやめ、WEB業界の負担が軽減しました。ただIE8もわずかにシェアがあり、HTML5に非対応なので作家サイトのHTML5化は待っています。

ブラウザ設計もサイト制作もW3Cに準拠しますが、定義されない空白部分は今も多くあります。たとえば枠内で文字を左右中央に置くのは簡単ですが、上下中央に置くには難儀します。これがリスト要素内だと、映してみないと結果が予測できないほどあやふや。

映りのばらつきは、第一次ブラウザ戦争からあります。W3Cに準拠したNNにくらべ、IEはサイト制作ミスを救済する拡大解釈が好評で、この親切設計を他のブラウザも始めた代償として、ブラウザごとに違って映る流れができました。
|06-05|作家サイト作戦||TOP↑
今、通信用パソコンを取り替え中で、本来の作業が遅れています。旧機から新機へのスイッチですが、絶版の旧ソフトから新ソフトに乗り替えるしか選べず、やはりトラブルに気づきました。

ひとつは、インターネットエクスプローラー(IE)11のフォント表示問題です。MS社はフォントを見やすくしようと独自の代替や字間広げを行い、これはW3C(WEB標準化団体)の勧告に反します。サイト設計側の指定を優先するのが、その勧告です。

何ポイントの何パーセントという科学的ルールを破ったブラウザだと、たとえば一行に収まるはずのタイトルが二行に渡り、サイトが崩れます。IE11で見ると、逃げマージンがあるリキッドサイトのYahooも崩れています。このブログも崩れていて、テンプレートを取り出して補正しました。

それでも収まらず、一字だけ改行された部分が散見されます。Firefoxだと一行にちゃんと入りきっています。作家サイトワークショップでも起き、全ブラウザで映るとしてWEB業界で推奨されてきたフォントセットなのに。物語サイトもIE11で一字あふれた部分があります。

MS社の言及は、「ゆとりあるサイトを作りましょう」と非論理的な案内で、崩れる以前に一社だけ違って映ることが問題でしょう。IE離れが進みFirefoxがシェアで勝った原因は、自分のブログやサイトを見て崩れていた体験かも知れません。
|05-16|作家サイト作戦||TOP↑
今、制作募集している作家サイトは、見せ場づくりに力を入れています。一般サイトの不満点を改善し、読者と楽しい出会いができるように。

しかし、その読者とは誰なのか。そもそもネットでは情報デフレが顕著です。作家サイトを出しても何も起きなかった体験は、情報発信する値打ちが下がり、場の権威がすでにないという理由もあるでしょう。ネット空間が輝いたのはネット普及前の1990年代でした。

その頃に画廊サイトという場がありました。入会金や年会費を払い、作品画像を置かせてもらうバーチャルギャラリーです。その手の有料サイトも2006年頃には絶滅し、次に流行ったのは芸術家無料相互リンクサイトでした。しかし20カ所登録しても効果はなく、Googleがスパム認定したせいもあって下火となりました。

一般人がネットで美術家探しを行うのはまれで、主に同業者がネタ探しや勉強に来るだけです。だから、アクセス増にコストをかける意味はそれほどありません。皆から見つけ出されるためではなく、対面用のポートフォリオ役が作家サイトの実際なのです。

そして、無料サイトの普及で価値が落ち、サイトを持っても尊敬されず飽きられている前提で、デザインをどう差異化するか、相手に違いが見えるかという細かくて大きい課題が残っています。
|05-09|作家サイト作戦||TOP↑
出版不況はインターネットが情報を提供したせいで起きたという、間違った説明が日本に出回っています。書店が撤退し始めたのは1998年であり、その時まだ日本にインターネットは普及していません。当時の日本はネット後進国と言われました。だからインターネット博覧会を開いたわけで。

日本の出版不況は95年から表に出た不景気、バブルがはじけ不動産暴落で銀行が経営難となる中で生じました。あの頃、国民の一人一人が倹約に努め出し、真っ先に本を買うのをやめたのです。毎号買った雑誌を増刊号だけにするとか、年に52冊買ったのをゼロに減らすとか。

本なんて読みませんと言う最大の動機はサイフ事情であり、貧しくてケチになったから。だから、国民の精神的な変化やら、思想哲学の変容をいくら分析しても無意味です。今すぐ余剰金ができれば、今すぐ本を買い始めるのは明らかで、現に立ち読みは相変わらず多く図書館も盛況です。

トランプ大統領候補への追い風は、グローバリゼーションで生じた中産階級の没落です。「強いアメリカ」の正体は、誰もがダッジに乗れた経済配分でした。書籍は中所得者が安定的に購入する商品なので、そこが落ちると出荷は激減するでしょう。一人が同じ本を二冊は買わないし。

こうして本離れが進んだ後で、後発のインターネットが代替となった順序です。ところがネットの無料情報は書籍よりずっとラフだから、インターネットが出版不況を起こしたという間違った説明も、コピペで広まります。ネットには、際どい事情を丸め単純化して済ませる欠点があります。簡単に言えば間違い情報推進本部。
|05-06|作家サイト作戦||TOP↑
たまに耳にしてがっかりする決まり文句に、「たかが何々、されど何々」があります。しかし、作家サイトはまさにそれです。オフィシャルサイトを作っても何も起きず、なのに大事な切り札となる時が来るという。

まず日本で何も起きないのは、美術家を探す需要がないから。本物の芸術品は上から降りてくる前提で、ユーザーは探す必要がない。有名になってからの鑑賞で十分だとして、同時代の作品は未来の判断を待つだけ。

しかし欧米では、同時代の作家を買おうとリアルタイムにサーチされます。そもそも美術は難しいものと思われていないし。ただしブログやSNSだと不十分で、オフィシャルサイトが本職である証になるそう。人は必ずやビジュアルに感化されるから、見られたら差異化競争に巻き込まれるでしょう。

「たかが」で無料サイトで始め、「されど」で発憤すると意外に手間と時間がかさみ、損益分岐点が生じます。一昔前の、元が取れるサイトは50万円以上という法則は、今も額が下がって存在するのかも。誰もがサイトを持てる時代が来れば、誰もが持てるサイトでは目立たないし。

永遠の課題は、サイトが一生はもたない点です。ネット標準化団体や検索会社のルールは毎年のように改訂され、要求仕様が変化しています。表示画面も年々拡大するだけでなく、携帯で小型化し、スマホで持ち直してと、安定しません。検討すべき項目が後から次々出てきます。
|04-12|作家サイト作戦||TOP↑
大衆を扇動して芸術家の地位を生み出したケースは、日本では稀少かも知れませんが、世界ではチームプレーも盛んと聞きます。他のジャンルと違って、美術はわからない人が多いから、「これが真の芸術」とメディアを駆使して演出すれば、大衆は簡単に染まっていく傾向があるからです。

何でもない作品も輝いて見え、そこを基準とする受動的反応が期待でき、続きは大衆が受け売りで広めてくれるから、芸術の定義もろとも我田引水するビジネスモデルが成り立ちます。何でもない作品を神扱いさせて、倒錯した価値観も広めさせる副作用まで込みで。

現代の広告業。国会議員選挙を戦う請け負い業務が、広告代理店のパッケージ商品になっています。一般人が境遇を訴えて募金を集めるにも、シナリオを練る企画会社があるとか。おもしろいのは企業の不祥事の会見で、これも広告業者がおわび文や質疑回答を代筆して、企業幹部に頭の下げ方や泣き方を指導してから本番へ送り出すとか。

ここで用意するドイツでの個展パッケージでも、シナリオは練ります。国政選挙のようなハイリターンと違い、コスト面のしんどさはありますが。それを事前の準備に位置づけたのが、作家サイト制作ワークショップです。

作品集サイトの編集では、美術制作コンセプトごと練り直します。あるだけ全ての作品を並べては逆効果なので、選択にも時間をかけます。会見の言葉を前もって選ぶみたいに。大衆扇動にまではならずとも、既存資源で最大限の演出を考えます。
|12-11|作家サイト作戦||TOP↑
作家ホームページ制作をいくつか並行しています。パイロット版で、珍しいワークショップ形式です。ねらいや理念を、解説しながら進める趣向。これは、作家のお気に入り作品を並べるサイトとは違います。本人が羽を伸ばして、やりたいことを自由にのびのびやって、思いを伝える自作自演サイトでは限界もあるからです。

自叙伝サイトではなく、作家の特集号として編集者の視点で外国に見せるサイトです。サイトもまた広義の出版物だから、編集判断が入るのは自然なことです。音楽でいえば自主制作盤や自薦集ではなく、プロデューサーと選び直してリマスタリングしたベスト盤といえるでしょう。

作品の位置づけを、大統領、四天王、飛車角金銀、実験もの、ジョーカー、トリックスター、裏側、番外などにキャラ分けし、雑誌編集法でまとめます。すると、最高傑作がどれなのかも作家と異なる場合があります。作品全般の共通する欠点を、作家自ら発見することも。

ミニコミ誌と商業雑誌の違いに似ています。編集判断が入ることで、冗長と密度低下が除去されます。読者の都合を重視し、作家自身も距離を置いたサイト読者となって、アイデアの源泉にも利用できて。

無料セルフサイトが普及し、ミニコミふうプライベートサイトが広まっていき、作家がどんぐりから脱する壁が生じています。サイトがあるだけでは尊敬されず、表紙で読者が飽きている最新事情への対抗策もあります。作品内容と見せ方のギャップを埋める試みです。
|09-03|作家サイト作戦||TOP↑
2013年から温めていた海外向けアーティストサイト計画で、パイロット版として参加者の公式サイトを作り始めました。特製テンプレートはまずは好評で、ただし力点はコンテンツ画像です。

どんな美術も、制作意図の外にまで作品の意思が及んでいて、作者は気づかなかったりします。どれが秀逸かの判断とは別に、見せ方でも自他の価値観が食い違う問題があって。ところがWEBも出版物の一種で、編集判断という視点があります。そこで、編集側が画像づくりも分担します。

画像調整は誰がやってもたいへんで、普通のWEB業者にせよ無料セルフにせよ、どのコースもコストがかかります。一般相場は画像調整1点5千円あたりで、これを別途オプションとせず編集作業に一律で含めたら、スーパーテンプレートも活かされるという合理化です。

これで作家の大負担は激減しますが、ネームをそろえる手間は残ります。タイトル、制作年、寸法などのデータが先にあれば楽ですが、未整備だと家の中をひっくり返す騒ぎもあるでしょう。作品の寸法がないと始まらないから、巻き尺でまず測らないと。

画廊でも目録準備でデータがそろわず、年単位の遅延が起きたりします。最初の年表づくりが山場で、後からの利用はまるで天国。音楽のケッヘル番号やドイチュ番号が、あるとないで大違いなのと同じです。
|06-21|作家サイト作戦||TOP↑
マイサイトに使われている技術が最新をうたっていると、誇らしくなるもの。が、不安が二つあります。一昔前のパソコンだと画面崩壊や白紙になって映らないこと。そして、かえって早くすたれる場合があること。

前者は当然の道理で、最新技術は新言語だから、新しいパソコンや携帯のみ映ります。具体的には昨年のHTML5は、世界で最多のIE8ではきちんと映らずエラーが出ました。映らないと、世にないも同然。

後者は優等生のXHTMLでした。多くの企業がWEB会社のすすめで、最新のXで自社サイトをリニューアルしました。しばらく胸を張っていると、国際団体W3CがHTML4.01の後継はHTML5と発表したので、Xは一転してあだ花相当へ。業界の戸惑いは記事の少なさや表向きの平然ぶりに表れ、しかしスラッシュを後につける構文は一応おしまい。

最新技術の弊害で思い出すのは、1990年代のマルチメディアサイトです。音楽が鳴るページが一例で、社内で仕事中にサウンドが鳴り響き、上司がいやな顔をしたり。FLASHの流行もそうで、トップページのアニメや流れる画像を嫌うビジターは多いという。毎度の出迎えがめんどくさいから。

YahooジャパンサイトのHTML4.01など、旧仕様で絶対安定を得ている大企業もあります。古いテーブル構造まで行けば極論ですが、コンテンツを詰め込んでもレスポンスは確かに従来が快速です。個人サイトは特に、先進のロマンが混じり目的がぶれやすくなります。
|06-07|作家サイト作戦||TOP↑
マイナンバーという国民総背番号制が、来年日本でも始まります。実現がこれほど延びたのは、情報を盗まれる不安が国民に高まったからでしょう。

絶対に盗まれないようにしますという運営側の誓いは、後で必ずウソになるはずで、奪われる運命は避けられません。時間の問題。原発事故の後だから、危険はあると当局も認めている状態です。正直でよろしい。

大量の個人情報が漏えいするたびに、「なぜ大事な情報をネットから遠ざけないのか」と思えるかも知れません。理由は、ネットからログインできる利便を得るには、ネームとパスワードのセットを必ずオンラインに置く必要があるからです。わざわざ連絡先や銀行口座番号まで記すのは、データベースを分けたらレコード同士がシンクロしない瞬間が生じるから。

個人情報のデータベースソフトは、老舗のオラクル社の商品が多かったのですが、漏えい原因で意外に多いのは、メンテ時にデータを仮置きした場所が公開ディレクトリだった一時ミスです。特別に優秀な人が手がけても、確率的にミスは起きます。学校や会社が休みの日に、うっかり登校や出勤するミス程度の確率で。

ドイツでは背番号制は憲法違反とされ、一方アメリカなど実施国では漏えいと成りすましに手を焼き、困っているという。事情が異なる日本は、人類の不可能をただ一人だけが可能に変えられるか、一眼レフカメラや新幹線のように技術確立できるかという興味もあります。
|06-02|作家サイト作戦||TOP↑
無料ブログと同様、無料サイトが存在します。無料レンタルサイト事業は、大小20社かそれ以上あります。それをマイ美術サイトに使えるか、質問も聞こえてきました。お試し向けにいけますが、ただし格言にあるように、タダは最も安くて、最も高いといえるでしょう。

無料サイトは、まず画面に広告が出ます。サーバー数が節減され、入力や閲覧の重い動作はブログ似。待たされたビジターが、一べつして去る心配だとか。デザインが冗長で作り込み不可だから必然的に大味で、レンタルとすぐわかってしまうし。映らないブラウザがあり、全体バックアップがないので消滅後に再現できず、大手やブランド向きでないと断ってあって。

広告を消すには月料金が必要で、スクリプトやカート制限も料金しだいとあり、ということは有料で借りるのが現実的といえるでしょう。無料のままだと不便だから有料ユーザーが増えて、レンタル事業が成り立つわけです。

考えどころは、セルフの負担です。誰かが働くには違いなく、その人が時間を費やし徹夜もする理屈は変わらず。オプション料を最大に払っても、各社独自のセルフ入力と自習は最後まで残るから、無料サイトへの入力を代行する請負業も現れました。

無料サイトのどの欠点を返上していくらというビジネスモデルは、一般のWEB制作会社も始めました。自分サイトを持っていることを誇るプレミアム性は消えた前提で、デザインテイストやユーザービリティーなどの差異化に応じた小さめの出費が新感覚です。
|05-30|作家サイト作戦||TOP↑
日本の美術家が作家サイトを持っても、何も起きず、何も得ることなく年月が過ぎたというのは普通のことでした。もっと後で新展開があるかと思いきや、やっぱり何も起きない。このネットの鈍さと幻滅がひとつの理由で、新しいタイプの海外美術展示活動が生まれました。

日本国内には、美術家を引っかけてアイデア利用する者はそれなりにいても、いち早く青田買いして支持する民間コレクターはほぼ皆無です。作家サイトに入れ込めど、魚影のない水に糸を垂れる虚しさがつきまといます。ウキがピクリとも動くことなく。

欧米には手つかずの新人美術家を探す勢力がいますが、日本では押しも押されもしない名士の追っかけを指して、文化活動と称する傾向があります。よく指摘される「決まっている価値を追う」というやつ。あなたが有名人になれば見てあげます、偉くなった時に僕は相手をしてあげます、という。日本に穴場ねらいなし。ダークホースに賭けない性分。

話を作家サイトに戻しますが、海外展示の見物客が作家サイトアドレスをたずねてくることがあります。その時、サイトがなかったり、無料ブログやSNSで代用していると、副業や日曜画家、学生かと思われたり、継続的には作品供給できない横好きのニワカに映ります。

そこで、こちらで作家サイトを作る計画が前からありますが、これが割り切れない問題にすぐに直面します。ひとつは、何もかもを収録した自分博物館をつくる壮大な夢に向かいがちな問題です。もうひとつは資金難でしょう。夢と現実のはざまで、サイトなし状態が長引いている美術家がいます。
|05-12|作家サイト作戦||TOP↑
ショップの次に企業でも、動的なサイトが大流行中です。動的サイトとは、アニメが動くサイトではなく、読者が見る寸前に表示ページを組み立てるサイトです。組み立てるのは、遠方のWEBサーバー内プログラム。

たこ焼きにたとえれば、つくり置きの包みが静的サイトで、注文を受けて焼き始めるのが動的サイト。移動たこ焼き店は、販売車が動くから動的なのではなく、現場でつくるから動的だと呼ぶ、そのような論法です。

動的サイトの典型が、無料レンタルブログです。ネタの活字と画像はデータベース化され、読者のリクエストに応じてサーバー側でネタを組み替え、画面を即席でつくって送ります。同一カテゴリーの記事のみ抽出し、並び順を変えたりも可能です。

動的ブログから動的サイトへ一般化するにつれ、逆に静的サイトの見直しが起きているそうです。静的サイトは、紙芝居のように全ページを作ってあります。精密に作り込めるから、パーツの微妙なチリ合わせなど、妥協しないデザインに好都合です。

たとえばこのブログページでは、グリーンの線と、その左にある白線はそろわず雑然としていますが、静的サイトだと整えてデザインしやすくなります。また、素人にはメンテが難しいサーバーソフトの支援なしに映るから、静的サイトは完全版を手元に永久保存できます。

切実な違いのひとつはスピードです。動的サイトの反応にタイムラグがあったりノロノロするのは、送り出しサーバー内で処理待ちの行列ができるからです。必要度の低い分野では、読者の関心を切らさない静的サイトの俊敏さが有利だという話。
|04-23|作家サイト作戦||TOP↑
作家サイトは一生ものにはなりません。本来は自動車に近い高コストなのに、あまり長くは使えない、その一因はハイテクからの圧力です。ホームページの構造はどんどん変化していて、だから古びます。

流行は、1990年代はフレーム構造、2000年代前半にテーブル構造、後半にボックス構造と、W3C推奨の反映で次々変わっています。今はサーバープログラムが流行中で、動的ページが増えました。最新サイトの表示が重いのは、サーバー内のコール・レスポンスが増えたから。

以前多くあったのはアニメと音楽が出迎えるサイトで、今の静止画が流れるサイトが似ています。いずれもやがて嫌われるようになり、動画の仕様も変更されるから、だから入魂のサイトを作っても作っても、いずれ時代遅れになります。

ページ幅も変わります。VGAモニターがまだ多いからと幅600ピクセル推奨が続き、SVGAとXGA兼用の幅720に広がり、ブラウン管が生産終了し液晶のハイレゾ化で幅1000超に解禁されたと思ったら、スマホ兼用でまたぐっと狭くなって。コマーシャルなリキッド構造も、最新トレンドです。

6日後の4月21日からスマホ対応サイトを優先するとGoogleが公表し、業界はまた過渡期です。ゆったり間をとったアーティストサイトは、ブランドイメージをかもす代わりに、旧式認定マークを貼られるかも知れません。

スマホで今は動かないユーザーフレンドリーな仕掛けが、動く時が来ればまた作り直しでしょう。最新トレンドべったりなほど後で化石に見えてしまうデザイン物の宿命が、WEBにもあります。
|04-15|作家サイト作戦||TOP↑
企業でも起きることですが、組織内部で賛否や葛藤の攻防に明け暮れる。そのせいで、企画商品がまとまらない。何かがじゃまして、新製品がいつまでも完成せずにズルズル。

たずさわった人は、手をこまぬいていたのではなく、けんめいに動いていました。気持ちの中では、やるだけのことをやった。しかし、外に向けて発信していないから、世に存在しないも同然なわけです。

誰からも注目されなくて当然だと理屈ではわかっても、心情はまんざらでもないから現実とずれていきます。水面下とはいえ仕事はしたのだから、そこそこ充実感を得ていたり、戦った自信だけはつかんで残っているだけに、逆にやっかいです。

美術作品の話ではなく、公開されないネットサイトの話です。サイトの枠組みはできていて、細かいバグ取りも済んでいて、ネタもある程度埋まり投入できる状態で。しかし決定的な理由もないまま、何となく詰めにこぎつけられず、お蔵入りの未発表サイト。それがいくつもたまってきて。

書いたことに問題はないか、世界から見られた時の影響はと、警戒心がふくらみ足が止まって、機をうかがって待つケースも。時間も労力も投じた後だけに、何となく生きた証だけは一応立っていて、でも無に帰しているから未来へつながらない、全くのエア成果。
|02-27|作家サイト作戦||TOP↑
物語サイトの一部がしばらく崩れていて、中途半端な指示ファイルが原因でした。

サイトはビギナーが書くワープロ文書のように部分を個別調整はせずに、指示ファイルの微調整で全体を一括制御します。その仕組み自体は、あらかじめ長い時間をかけて構築し整備しておきます。

物語サイトは最初に2010年に始動してから、時間もたって指示ファイルも巨大化分割済みで、どこをどういじれば何がどうなるかを忘れてしまうことがあります。しばらく見ないと勘もはたらかず。

すると、少しいじれば無関係な部分まで道連れで、姿が崩れる失敗も起きます。異常なほど完ぺきに整理しておいてさえ、プログラム文の量の多さで迷路化し、謎解きクイズを強いられることはよくあるのです。

作家サイト制作のオーダーがあると、後でハウツー講習を行います。ただ、引き渡し後のセルフ管理は、いくら平易な仕掛けを設けておいても、制覇には時間がかかると見込んでいます。引き渡さない前提が現実的と考え始めています。
|01-17|作家サイト作戦||TOP↑

リンク

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

最新トラックバック

QRコード

QR