今できる最大の力を出し、後は天にまかせて結果を待つ。人はそれをアマチュアと呼びます。プロは結果ありきで逆算して行動するもの。行く末を天に預けるなどの、ばくちを打たないのがプロ。

美術家のプロの最終目標は、ひとまず作品を売って黒字を出し続けることでしょう。自分以外に何人も養うのも、ひとつの理想形でしょうか。

ところが絵画や彫刻などには、芸術性という付加価値が求められます。放棄してもよいのですが、求めるケースも多く。他ジャンルにくらべ飛び抜けて強く。デザイングッズと違い、差異化で際立たせるのをよしとする哲学が核心にあります。

しかも、それをより際立たせた人ほど不遇となったのが歴史の必定で、ここが常に身の振りの分岐点でもあり、損得勘定が加わる場面でもあって。とはいっても、天命のごとく自動選択されるのが普通でしょう。各々、さして迷うほどでもなくて。

結局、アマチュアリズムによってのみ、芸術の革新性の扉が開かれるのだと思えます。値がつかない部分に、芸術が宿ってきたのが結果論です。その意味では、プロアーティストを育てようという言い方は、あまり芸術的でない気がしています。売れっ子の育成は、芸術の育成とは異質なのかも。
関連記事
スポンサーサイト

|04-10|作家方針の工夫||TOP↑

リンク

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

最新トラックバック

QRコード

QR