FC2ブログ
この季節に、日独ビール比較論がよく出てきます。日本のビールは、ドイツではビールと呼べないあの話。あちらでは原料が麦芽とホップのみ可で、日本で最も人気のラガーとドライは、米とコーンスターチで調味されているから、ドイツでは非ビール扱いになるという。

日本にも麦芽とホップだけの本物ビールは昔からあって、さらに各社が新発売しては消えます。客の評価は、「麦芽100パーは飲んだら重くて嫌い」「麦芽100パーは飲んだら軽くて嫌い」と、バラバラ。国民にビールの味がわからないことだけはわかった。「重さ」や「切れ」で語る時点でアレ。

味オンチとなる原因は、アルコール目当てやキンキン冷却など、複数あるのでしょう。ビールふう大豆飲料の国内ヒットも、その裏づけ証拠かも。ベルギーに炭酸がない有名ビールがありましたが、本来ビールの基盤はアルコールや炭酸ではなく、麦芽でしょう。

日本で麦芽らしいビールを試すのに、ビール園の生があります。ビール工場内のレストランやガーデンで出る生ビールは何が違うか。目立つのは農作物の香りです。缶やびんだと消えてしまう、農業の風味。穀物の、植物の、草のにおいが決定的です。愛好家たちが冷やさずに飲む理由は、これだった。ノンアルコールのロングセラーが輸入される理由もこれ。

ビールは草が香る農産物なのに、アルコールの一種で片づけた認識が味オンチを招いたのです。アートと同じで表現物を味わい損ね、鑑賞オンチに陥る共通性があるのかも。しかしそれならアートと同じで、模範から外れたトンデモ飲料の未来にも期待してしまいます。
関連記事
スポンサーサイト

|08-16|芸術の秘密と謎||TOP↑

日本現代美術をドイツへ

ギャラリー日独物語

リンク

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

ご案内

クラウド・ファンディング物語
ギャラリー日独物語

ミニコラム集1
ギャラリー日独物語

ミニコラム集2
ギャラリー日独物語

最新トラックバック

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR