FC2ブログ
「ドッキング」というキーワードが出回っているようで、日本の宇宙貨物補給船「こうのとり」が国際宇宙ステーションへ荷物を届ける話題です。たまたま米ロの打ち上げが三連続失敗して、日本が切り札を出したかたち。5500キログラムもの荷物になるという。

宇宙開発史のリアルタイム世代は、ドッキングと聞くと直ちに「ランデブー」を連想し、次の瞬間「ジェミニ」の語が浮かぶはず。

宇宙でドッキングに初めて成功したのは1966年のアメリカ船とアメリカ衛星で、後に月に初めて立ったアームストロングが、その3年前にジェミニで飛んだ実験だったと最近知りました。

ソ連のドッキング成功は翌67年とすでに遅れ始めていて。当時の話題性は今よりはるかに大きいものの、ボストークやマーキュリー計画よりはやはり地味なドッキングでした。

当時も難しいドッキング作業でしたが、今回はマニピュレーターで引き寄せるメカを日本人が操作し、結局人が手で微調整するものでした。訓練した飛行士だけの職人的な作業になっているらしく、自然体を捨てて宇宙に進出する人類の意志を感じさせます。器用な手が切り札です。
関連記事
スポンサーサイト

|08-25|芸術の秘密と謎||TOP↑

日本現代美術をドイツへ

ギャラリー日独物語

リンク

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

ご案内

クラウド・ファンディング物語
ギャラリー日独物語

ミニコラム集1
ギャラリー日独物語

ミニコラム集2
ギャラリー日独物語

最新トラックバック

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR