ジャパン・フェスティバル・ベルリンは、ビギナーからベテランまで参加しやすい展示です。早めに作品が集まれば、物語として初参加できます。ジャパン・フェスティバルと聞けばフランスが有名ですが、ドイツではこれ。

Japan Festival Berlinサイトには、芸能や武道が大きく掲載されています。和太鼓や剣道とか。しかし最大の集客力はサブカル系デザイングッズで、ヨーロッパ輸出歴60年の漫画アニメやコミック本の功で、お客が毎年増加中です。そして主催者が入れ込み始めたのがファインアート。

隔年だったのが、今回連続開催となり、芸術指向の階が準備されます。ただしイベント自体が若いので、お客の予算は専門アートフェアと差があります。普及価格帯がよく動く結果をみて、号5万円クラスはペーパーアートのジクレーにすればいけると、こちらでは考えました。

ところで、ドイツではローンで高額美術に手を出す人はおらず、現金予算の範囲内で考えます。高い値段を優れものの根拠にはせず、これも版画が普及しやすい理由です。プリントアートはたびたび売れていて、作家照会も多い方なので。

会場で一番売れる商品を思い出すと、おにぎりと緑茶が目立ちました。パリパリのり、そして昔からあった駅弁用のあのお茶。日本のふるさとを感じさせる会場になっています。
関連記事
スポンサーサイト

|08-30|ジクレー版画物語||TOP↑

日本現代美術をドイツへ

ギャラリー日独物語

リンク

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

ご案内

クラウド・ファンディング物語
ギャラリー日独物語

ミニコラム集1
ギャラリー日独物語

ミニコラム集2
ギャラリー日独物語

最新トラックバック

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR