東京オリンピックのマーク騒動でちょこちょこ出るのは、著作権を批判する声です。「著作権なんていう悪法さえなければ、みんなが何でも自由に使えて幸せになれるのにね」という、昔から日本でよく言われた著作権廃止願望がまた聞こえています。

世界の著作権ルールはそれとは逆で、独創性をかばう法律です。考え出したやつが一番偉いのだと。だから新しい物を皆で生み出そうと。守ってあげますと。世にオリジナルを増やす思想。他人のアイデアを拝借して、楽して利益を上げる側には立っていません。つまり著作権は、先進文明国の論理であって、途上国とは対立します。

法の穴を突いて、いつの間にか権利が別人に移って、オリジナル発案者が退けられる事態を、何とか防ごうと設定された著作権です。原作者クレジットが、永久に制作した本人に固定する規定によく表れています。いくらお金を積んでも、別人が作った話にできない仕組みです。

ここで参加者からも質問があった、ジクレーの原画の著作権に触れます。画家がキャンバス画を描いた、それを写してジクレー版画を作れるのは描いた画家だけの特権です。そのキャンバス画を買った人が撮影して、プリントするのは違法です。原画や画像データをいくら所有しても、使う権利がありません。

キャンバスに記されたイメージ画こそが著作物の正体であり、絵を買った人は絵具つきの画布と木枠と釘を得ただけで、ソフト的な版権は画家から動いていません。画家だけがジクレーなど電子版画類を販売でき、原画のキャンバスを買った人は原画を手元で見る権利だけ。

この作者中心主義が、オリジネーターを大事にする著作権法の思想です。オリジナルを輩出しない側にとっては、いやな法律になっています。
関連記事
スポンサーサイト

|09-04|ジクレー版画物語||TOP↑

日本現代美術をドイツへ

ギャラリー日独物語

リンク

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

最新トラックバック

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR