FC2ブログ
生物は個体数が減ると絶滅します。パンダは乱獲が原因で保護区に千頭ほどになり、繁殖力も落ちて人為的に増やす状態。一方、ヒトが絶滅するとなれば、原因は地球寒冷化だろうと言われてきました。一昔前は氷河期と呼ばれ、東京タワーがカチンコチンに凍ったイラストなども。

人類最古の美術はフランスやスペインの一万五千年前の洞窟壁画とされ、日本の縄文時代も一万六千五百年がさかのぼれる限界で、その頃が文明のスタートだそう。その頃起きた事件は温暖化でした。

氷河期がゆるんだ間氷期に、人類の文明が一気に発達した結果になっています。そして、今の温暖期が終わった寒の戻りで、文明が消滅する可能性が昔から言われています。古気象学から、氷河時代がそろそろ来ると60年も前から。

地球の気候を決める最大の要因は、太陽から受ける熱量です。人類は星の生涯も知っていて、赤色巨星化する太陽に焼かれない策として、火星へのがれる準備中です。しかしそうなる前に、氷河期を何度も越える必要があります。灼熱の前に極寒が来る両極端の行き来。

一昔前に予想された人類の終わり方は、中東か東西ベルリン発の第三次世界大戦でした。核攻撃の応酬で生じる「核の冬」で植物が激減し、地球全体が飢餓となるシナリオが語られたもの。反核運動の一環もあって。

和平でこの人類最終戦争のカタストロフを回避できても、のがれられない氷河期回帰にやがて見舞われ文明は崩壊し、幾多の英知と成果、記憶遺産も壁画類も氷の下、次の三百万年は人類不在で昆虫が支配者であろうとの予言。となれば、今増えている昆虫が絶対に怪しい。世界各地の終末音は虫の知らせかも。人類の終焉はすぐそこに迫り来る。もう時間がない。そうだ、これをモチーフにした美術展を、と思った時に目が覚めました。
関連記事
スポンサーサイト

|11-11|芸術の秘密と謎||TOP↑

日本現代美術をドイツへ

ギャラリー日独物語

リンク

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

ご案内

クラウド・ファンディング物語
ギャラリー日独物語

ミニコラム集1
ギャラリー日独物語

ミニコラム集2
ギャラリー日独物語

最新トラックバック

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR