日本は先進国の中でも、美術の一般普及に失敗した国といえるでしょう。地方中核都市に現代美術市場は無きがごとき。ゆえに埋蔵金のごとき伸びしろはあれど、長大な不景気でモラトリアムのごとき。

ドイツでのアート活動の特徴は、購入目的の観客がはるかに多い点です。日本だと心の糧とする鑑賞会や親しき集いの披露宴ですが、向こうは売買と発掘の場です。そのせいか、会場をきれいに整える日本と違い、ドイツはあり合わせ会場が好き。

古建築を再利用した展示場は、壁を塗り直さないボロボロだし。場末ふう会場も平気で、作品を前に議論を始める観客たち。作品を自宅に飾った姿を想像する特技があるのか、絵を床置きやビニール袋でぶら下げてもちゃんと見ていて。額縁の有無も当然問わない。

究極のあり合わせ展示に、ライプツィヒ市の「芸術の夜」があります。一本の道を順路とし、沿道に会場が点在する簡素な美術展で。空き家と民家やオフィスを部分開放して、作品を一日並べるだけ。

「芸術の夜」の写真を見ると、日常の中にアートを投入した空間が妙に絵になり、特に早い時刻の夕景は芸術的で、昼より夜が魅力です。このような「どこでも展示場」の慣習が、作品を鍛える面もあるのかも。

音楽イベントで、「では歌ってください」「えっ、ここで?」という場合があり、すわりの悪い場所でも歌って聴かせる歌手は実力者という。「では絵を置いてください」「えっ、ここで?」という場所がドイツには多いのです。
関連記事
スポンサーサイト

|03-02|ドイツ事情スケッチ||TOP↑

リンク

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

最新トラックバック

QRコード

QR