日本で多い振り込め詐欺。簡単に引っかかるのが不思議だとの意見が、国内に多いようです。しかし実は注意力ではなく、結論ありきの思考によってだまされ状態が継続するのです。

「息子をめぐる大事な交渉中だ」の結論ありきだから、それニセ電話だよと周囲から忠告されると、大事な時にじゃま者が現れたと腹が立つだけです。入金を妨害する意地悪な銀行員を倒して送金を遂げたり、怪しいとか何とか言ってからんでくる悪徳警察官に立ち向かった父母さえいて。だまされている最中の哀れぶりは深刻です。

振り込め詐欺とそっくりなのが、誤認ドライバーです。知らずに高速道路を逆走したり、AT車を急停止させようとスロットルペダルをひたすら踏むドライバー。3つの当事者はやっていることがそっくりです。

間違った結論から逆算して物語を組み立てる脳のはたらきによって、最初から敵と味方がひっくり返っているわけです。その洗脳効果は絶大で、市民に啓蒙する役所職員も引っかかったほど。注意力の問題ではなくて。

そもそも結論ありきは、人が得意とする思考法です。たとえば刑事の勘がそうで、しょっ引く人物に沿って証拠を作り変えたり隠したりとか。芸術鑑賞なら、公的評価がちらつくと見る目ががらっと変わるもの。結論から逆算する思考が、脳内を完全に仕切るのです。

振り込め被害が減らない理由は、冤罪事件の多発や、芸術鑑賞が引きずられる現象と同じです。注意深くなれという啓蒙は、脳のはたらきからいえば無意味です。「簡単に引っかかるのが不思議」「途中で気づくだろ」と言う声の多さが、だまされる人の多さを説明しています。
関連記事
スポンサーサイト

|07-20|芸術の秘密と謎||TOP↑

日本現代美術をドイツへ

ギャラリー日独物語

リンク

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

ご案内

クラウド・ファンディング物語
ギャラリー日独物語

ミニコラム集1
ギャラリー日独物語

ミニコラム集2
ギャラリー日独物語

最新トラックバック

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR