FC2ブログ
プロの将棋ソフト不正疑惑の騒動です。タイトル戦で一手指すごとに別室で休憩をとったプロが怪しいと。スマホなどで、将棋ソフトの指南を得ていた疑惑で、数年前の大学入試ネット質問カンニング事件を連想させます。

すでにチェスはコンピューターが人間を超えていて、将棋はまだまだと言われながらもAI(人工知能)がおおむね上回ったそうです。おもしろいのは、AIが指す手は人間が指す手と違うというプロの情報です。

コンピューターアルゴリズム(思考手順)は何種類もあり、パラレルワールド的に未来を分岐させ、成功する手を抽出する手順がまずあります。他の方法に、場面を大量に記憶させ現状と照合させる手順も考えられます。

AIは人間の思考よりもはるかに先の手までシミュレーションするはずで、人間ならやらない意外な指し手を選ぶ傾向があります。ある場面で指したとたんに、高段者のプロ棋士は「この指し手は相手の傾向と違うし、人間とも違うぞ」と感じるそうで。

AIの弟子となって将棋を勉強した人が、AIふうの差し手を覚えて脳の使い方がAI的に変化するかについては、プロでないと不明です。

それならと、人工知能で美術を作って補正なしに完成させれば、人間離れした作品になるかも。ただし、詰めるという単一の目的がないから、アルゴリズムを設計する時点で意外性が消えてヤラセになっていますが。
関連記事
スポンサーサイト

|10-20|芸術の秘密と謎||TOP↑

日本現代美術をドイツへ

ギャラリー日独物語

リンク

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

ご案内

クラウド・ファンディング物語
ギャラリー日独物語

ミニコラム集1
ギャラリー日独物語

ミニコラム集2
ギャラリー日独物語

最新トラックバック

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR