12月19日(日本時間20日朝4時頃)にベルリン市中心部で起こされたテロ事件は、大型トラックを暴走させたものです。隣国ポーランドから盗まれたとされる、かなり大きいトレーラートラック。8年前に日本の秋葉原で起こされた、小型トラックのテロを連想させます。

場所は地図上では、ベルリン中央駅の左下方向です。ブランデンブルク門を起点にすれば、門のすぐ西(旧西ベルリン領側)に広がる森の、反対側の端っこあたりです。Urania Berlinビルから1000メートルほど西で、周囲にベルリン動物園やベルリン工科大学もあり、文京区のような場所に思えます。

現場のカイザー・ヴィルヘルム教会をGoogleマップで3D化すると、ごく近代的なビルに描かれています。実際にはガウディーがつくった教会を思わせる、有機的な意匠の文化財です。当然ながらキリスト教の施設であり、そうした背景を感じさせます。
関連記事
スポンサーサイト

|12-23|ドイツ事情スケッチ||TOP↑

日本現代美術をドイツへ

ギャラリー日独物語

リンク

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

最新トラックバック

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR