現代日本へと続く過去として、よく注目されるのは通算264年の江戸時代です。1980年代から、江戸を読み解くおもしろ本がたくさん出ました。人口爆発と災害の心配で、東京一極集中が批判されていたものの、今も一極集中を促進する方向のまま変化していませんが。

明治に急造したかに思える東京は、ほぼ江戸の街が持ち上がったものだそうです。落語も実は、明治の話題で江戸を思わせるそう。しかし和風文化の基盤は、京都で391年間の平安時代と思われます。現中東や現中国から取り入れた次の、オリジナル開発へ進んだ頃。

平安の表現物に紫式部『源氏物語』も含まれますが、絵巻だけでなく当時の屏風絵などで特徴的なのが、アイソメトリック構図です。焦点を無限大とした斜投影図法で、遠くの物が近くの物と同サイズで描かれた大和絵がそうで。理系が作図したみたいな。

これは、建築設計のビジュアル構成図版に今も使う技法でもあり、西洋式の透視図法と違い、奥行き感がなくべちゃっと平板で、模式的な抽象性を感じさせます。遠くにある物体も縮尺が等しい。

ところどころ雲が描かれ、初期のパルテノン神殿みたいに派手な原色がふんだんで。また動画的な描法もあって、ぶれや走行軌跡などモーションのラインも平安時代の表現です。漫画に似ているとよく言われるつくり。

平安を連想した理由は、日本大好き外国人が撮影した旅の記録映像でした。写した物とともに、写す目も和風に感化されたのか、平安時代の風情に映り方が似ているのです。まだ歌舞伎や茶華道を生む前の、原始的な和風です。
関連記事
スポンサーサイト

|04-29|世界に伝えたい日本の奥義||TOP↑

リンク

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

最新トラックバック

QRコード

QR