日本からドイツへ作品を送って、売れ方を調べて研究していました。比較的早くわかったことは、売れる作品の第一は写真だという点。日本にくらべてヨーロッパでは写真アートの地位が高いとは想像していましたが、真っ先に売れるのは印画紙の作品だったのです。

写真系が売れ、フォトエフェクト系とCG系のジクレーから売れていくこともわかりました。キャンバス画やパネル作品はあまり動かない、その理由は値段に大差があったからだと、すぐにはわかりませんでしたが。

日本は20年以上ずっと不況だから感覚がつかめませんが、世界同時不況が聞こえ始めると、ペーパーアートのみのアートフェアが、ドイツで伸び始めていました。イギリスがEUオブザーバー脱退を言い出したり、移民難民問題が日本のニュースになる以前の話で。

新企画も現地に合わせ、日本のペーパーアート作品をファイリングする展示販売も試しました。すると売れたのは、手摺り版画とCGとやはり写真系でした。複写ものが強い。それなら全作品を最初からジクレーにして、もう一度ファイリングすればいけると考えたのです。

日本では美術は特殊化しており、ゴージャスやプレミアムが求められます。美術が一般化している諸外国では作品の価値は造形イメージであり、ソフトウェア化しています。データ化の意味ではなく、コンテンツ本意の意味。手にして重い必要もなく、ペラ紙の作品から売れていく現実です。

ドイツで求められる本物志向は、作品の仕様よりも内容だとわかりました。ただ、ペラ紙だと長持ちしないので、ハイエンドジクレープリンターと超高級厚手用紙にしています。日本だとかなり高料金のタイプ。
関連記事
スポンサーサイト

|05-31|ジクレー版画物語||TOP↑

リンク

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

最新トラックバック

QRコード

QR