企画の準備で重点を置くのは、売れる傾向と対策です。しかし作品を売る意識は、日本にいるとあまり感じないものです。一因は、日本の団体展の多くが公募コンテストだから。

審査という関門が頭にあるから、誰に向かって絵をかくかの自由度はやはり制限され、お客の存在がかすんでいます。日本の新作アート全般が何となく帯びる固い雰囲気は、いうなれば受験生の態度と似たものだったのです。しかも、コンテストでは作品を売らないことも多いという。

ドイツで売れている作品には、概して「自分の腕を試す」式とは全く違う自由感があります。審査員が狭い人間かも知れない想定におびえる気配がただよわず、自分の声を自然に出せている伸び伸び感が強い。何かに忠実たろうとする萎縮が感じられません。

日本の新しい作品はどこかに「資格試験の実技」「技能検定」的な雰囲気をかもしていることは、ドイツに持ち込むとよくわかります。アートが民主化、民営化、一般化している欧米の目には、統制と教条を感じる作品でしょう。ジャパニーズ・リクルート・アート。

日本ではコンテスト以外の個展やグループ展も、仲間内の顔見せ的な発表会が多いようです。目の保養や心の糧とする目的の鑑賞会であり、他人が所有目的で偵察に来る前提じゃない。そこがドイツは異なり、日本での当落基準とは無関係に市民がチェックする市場が活況です。

ドイツで好評だったのに売れなかった場合、そこを出発点に作品改良を考えます。その回は早く忘れて次に行こうと焦るのをやめて、作品をどういじれば売れるかを一歩ずつ検証する考えです。この作業を企画化するために、もう実験を始めています。
関連記事
スポンサーサイト

|07-08|ドイツ事情スケッチ||TOP↑

リンク

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

最新トラックバック

QRコード

QR