暑い一日が連日のニュースネタですが、過去との比較で「昔はここまで暑くなかった」という言い方が聞こえてきます。データとしても、日本は昔よりも最高気温や平均気温が上がっていたはず。そして、その理由はわかりきったことです。

昔の暑さはましだったとカメラに答える人は、今の方が太陽エネルギー照射が増えたという、例の地球温暖化をイメージしているのかも知れません。しかし世界の科学者が恐れているのは寒冷化の方であり、日本が暑くなった最大の原因はペイヴメント面積の増加です。

造園分野には、地面に敷く素材で周囲環境がどう変わるかのデータハンドブックがあります。土や芝生、池などにくらべ、アスファルト、コンクリート、レンガ敷きなどは、はっきり体感するほど気温が上がります。文明の進歩で、都市が暑くなるパターン。

都会を歩くと、さらに冷房のラジエーターからの送風が歩道に吹いたりして暑い暑い。街の中に空き地や鎮守の森、沼地などが減って駐車場やビルに変わると、どんどん暑い夏になっていきます。

こうして、硬質な素材で地表を覆うことによって、その地域全体の気温までが人災的に上がる変化を、ヒートアイランド現象と呼んでいます。それを裏づける証拠は、ネット地図に見られます。グーグルマップで故郷を見ると、山も谷も田園風景も消えて均質な住宅地になっていたりします。

そして自然が残っている所は、限界集落などとなって人が住むに適さなくなっているようです。ある人口密度を境にして、住宅地がゴースト化していたりもします。
関連記事
スポンサーサイト

|07-22|その他||TOP↑

リンク

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

最新トラックバック

QRコード

QR