新人の勢いに押されて、停滞している部分を動かそうとしています。ひとつは、個展と少数精鋭展の復活です。ベルリンは変化が激しく、前の場所が消えてこちらの判断もノロノロしていました。新スタッフの力で、今からまた下準備の準備です。

通常のグループ展示を減らした理由は、ドイツのお客の目が高度化したからです。向こうとしてもお試し的な見学は卒業して、新しい価値を具体的に探し出しました。そこで個展や2人展など少数精鋭型に進めたのでした。

なかなか場所決めが進まない理由は、日本のようなレンタルギャラリーがあまりないからです。日本によくある、払えば自由に使える貸しスペースが流行りません。会場オーナーが内容を選ぶ前提で、日本作品のタイプにもその好みが反映されます。

もうひとつ、南アジア国ルートを調査中です。全く未知数で、個人作家サイトからのつながりですが、経済成長している南アジアの親日国で展示会を考えました。エキサイティングな場は、欧米国に限りませんから。

資金さえあれば何でもできますが、あいにくジャパンマネーは絶不況中です。日本は裕福な国だと思われているうちが華という面は、確かにあるでしょう。テストにはドイツで展示済みのジクレー版画を使う予定で、売却済み作品の増刷も考えます。

全ては、日本のある流れと競争しています。国内は構造改革者の進言でデフレを強めGDPを下げる政策がとられており、当然ながら付加価値の代表格である美術品は絶滅危惧種。為政者たちが未来を放棄した暗い日本から、明るい外国へ出なければ、誰も助からない危機は感じています。
関連記事
スポンサーサイト

|07-27|物語の局面||TOP↑

リンク

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

最新トラックバック

QRコード

QR