アート・マネージメント・システムはオプション企画で、コラボ制作のかたちの制作プロデュースです。これが生まれた背景は、もちろん日独美術事情の変化です。まず、ドイツ側の変化は素早く、値打ちがある日本美術を探し求める行動に変わっている点。

一方で日本側では、基本的に国民は美術がよくわからないとして、敬遠的敬意で接する違いがあります。称賛すれど買わない新進美術家への対応の中で、作品の資質ハードルが下がりがちな事情です。わからない分野ゆえ何でも許せる、ブラックボックス展へのあこがれと根は同じ。

「美術は自由なり」「何だってアートになる」「作者の衝動が尊いのだ」式の現代アート特有のノリが、ともすれば手抜き作の横行を生む側面です。この指摘に日本側は納得できないかも知れませんが、ラフスケッチふう作品は他国で通用せず苦情まで来ましたから。正直テコ入れに迫られた。

日本で美術を作るよくある目標は、公募コンテスト展です。審査者は購入と異なる視点で、自身の哲学を披露する目的も兼ねて選抜する方式。応じる美術家の作品制作の寄せ方も、買う尺度よりも選抜する尺度に合わせてきた問題。二つの尺度は意外に異なります。買う方が責任重大。

これらの課題を整理し、回を重ねて徐々に距離もとれるようになったので、作品に買う価値を盛り込むアート・マネージメント・システムをセットしたわけです。

自由主義を唄う現代アートのノリが素人芸に向かう問題に、日本では気づきにくい構造もあります。欧米に山とあるアートフェア方式は日本にわずかで、代わりに公募コンテスト展が山とある特異性もそうです。展覧会の方式が全く違う差異が、作品の差にもなる背景が読めてきました。
関連記事
スポンサーサイト

|08-11|物語の局面||TOP↑

リンク

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

最新トラックバック

QRコード

QR