初参加で出品作が完売するつもりでいても、実際は希望どおりにならないのが普通です。おそらくSNSで国内からの「いいね」評価が多かったから、その作品を流通量が多いヨーロッパへ持って行けば、ほぼ確実に売れるという読みなのでしょう。

しかし日本とドイツの美意識の違い以前に、美術が特殊化している国と、一般化している国の違いがあります。尺度をどこに置くかで、見る価値に置く日本と、買う価値に置くドイツの差です。

日本での作品評価は見る価値に寄りがちですが、ドイツだと買う価値になるから本気度が違います。想像ですが、日本では「拍手するけれど買おうとは思わない」が多く、その分甘い評価になりやすいと推測できます。見るだけならタダだから、何とでも感じて、何とでも言えるという。

見る価値の採点よりは、買う価値の採点の方が真剣なはず。この差はまんま、売らない公募コンテスト方式と、売るアートフェア方式の違いに一致します。だから海外遠征では、公募コンテスト感覚からアートフェア感覚へ切り換えることでうまくいくでしょう。

しかも海外遠征だと、相手は全く知らない人だから、共感仲間の「いいね」はありません。結果的に参加者は、何かを変えつつ方法を修正しながら、やりたいことを固め直す作業にすぐに入ります。「芸術は自由に伸び伸びやるものさ」の信念だけでは、相手がついて来ない確率は上がるから。

世間一般の募集展なら、全て自己責任でやってください式のプライベート領域に終始します。がここでは、傾向と対策はある程度わかっているから、それを使って効率化を図る手だても用意しています。
関連記事
スポンサーサイト

|08-22|作家方針の工夫||TOP↑

リンク

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

最新トラックバック

QRコード

QR