FC2ブログ
日本のニュース番組で近年話題になった、現代アートフェスティバル。都市の喧噪から離れた郊外、あるいは田舎や離島などに現代アート作品を集めて展示するイベントです。お祭りの見世物と親睦会の目的があります。バーベキューとビールが人気。

それに対して欧米でいうアートフェスティバルは、要するにバザーです。買い物をする市場を開く意味。だから伸び伸びする郊外ではなく、サイフを取りに帰れる日常の距離で行われます。日本の美術祭とドイツの美術祭は、方向性が全く異なります。ドイツでは遠方に隔離しない。

ジャパン・フェスティバルのように欧米以外にアジアにもある日本特集や、先輩のジャパン・エキスポも同様に商戦の場です。だから出展者は、日本人以外も混じります。人が集まる場では、売れたが勝ちの論理。

「この作品で驚かせてやるんだ」「話題をさらって新聞に掲載されたい」という目標は、日本の事情です。世界中の美術祭ではその手の戦いではなく、お客に多く高く売ることで社会貢献します。当然我々も、多く高く売れる方向に引率します。親睦会や思い出づくりよりも優先して。

ジャパン・フェスティバル・ベルリンのステージプログラムでは、各国の人たちが日頃の日本文化技芸を披露します。一方でアートの階にはドイツ国内コレクターが買い出しに来て、業界人も回っているとわかってきました。たこ焼きや日本酒の宴の中で。

だからここでも、「結果は参加者の力しだいです」なんて話はやりません。「こうやれば反応は良かった、これだと悪かった、この方向なら伸びそう、こういう改善もあり得る」と、売れる確率を上げる話し合いになります。
関連記事
スポンサーサイト

|10-31|ドイツ事情スケッチ||TOP↑

日本現代美術をドイツへ

ギャラリー日独物語

リンク

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

ご案内

クラウド・ファンディング物語
ギャラリー日独物語

ミニコラム集1
ギャラリー日独物語

ミニコラム集2
ギャラリー日独物語

最新トラックバック

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR