FC2ブログ
アート・マネージメント・システムの中で、写真のハイキーとローキーの話題がまた出たので、ネットの説明を紹介しようと探して驚きました。かつてのプロ写真家たちが行った説明と全く違うのです。

かつてのハイキー写真の定義はこう。「階調の明暗がそろった上で、明色が主体の写真」。ローキーは、「階調の明暗がそろった上で、暗色が主体の写真」。ハイキーは明るい写真に、ローキーは暗い写真に見えます。

重要なのは、ハイキーもローキーも、明色から暗色までそろっていることです。前者は「白いカーテンの前で黒いバッグを持つ人」です。後者は「夕暮れの空を切り裂く雷の閃光」。それぞれの写真が浮かびますが、ハイキーにはシャドーがあり、ローキーにはハイライトがあるのがミソ。

ところがネットに出ている説明はほぼ全てが、ハイキーとは露出オーバーで、ローキーとは露出アンダーです。カメラ設定やソフト調整で、明るく飛ばしぎみにいじればハイキー、暗く落としてやればローキーだとの説明に今はなっています。絞りをあけたり、シャッター速度を遅くすれば、適正露出から外れてまぶしい感じに写り、それがハイキーなのだと。

これはかつて、よくある間違いだと警告された内容そのものです。かつての誤解が今は大手をふるってびっくり。そもそも露光量のさじ加減なら、明るい写真と暗い写真とか、露出オーバーぎみとアンダーぎみの言葉がすでにあります。ハイキーなど、別の語をさらに用意する意味がありません。

この解釈違いは、一人がネットに「あの芸人は殺人者」と書くと、何万人が引用して広がり続ける現象かも知れません。そして、かつてのハイキーに相当する語が今はないからボキャ貧が生じ、話が単純化されて大ざっぱ。写真芸術を語るプロも、不況で絶滅したのかと思えてきました。
関連記事
スポンサーサイト

|08-01|写真とカメラの話題||TOP↑

日本現代美術をドイツへ

ギャラリー日独物語

リンク

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

ご案内

クラウド・ファンディング物語
ギャラリー日独物語

ミニコラム集1
ギャラリー日独物語

ミニコラム集2
ギャラリー日独物語

最新トラックバック

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR