FC2ブログ
2019/01/27

JFB2019の2日目は早くも3時間が過ぎて

ジャパン・フェスティバル・ベルリン2019美術展示の、今日の様子です。これは担当マネージャーの撮影で別のカメラです。







スポンサーサイト
2019/01/27

ジャパン・フェスティバル・ベルリン2019の初日は無事終了



ジャパン・フェスティバル・ベルリン2019の初日は、ドイツ時間1月26日20時にお開きになりました。日本時間で27日朝4時です。ドイツの見本市の中で、アートフェアは夕方17時に終わるタイプが多いのですが、これはアート単独でないからか長めです。終盤に売り上げを伸ばせる機会があります。明日を目指します。

初日の速報で、絵はがきは堅調でしたが全般に重かったようです。なぜか今回お客の数が少ないと、常連の間で話題になっていたそうで。何かイベントのバッティングでもあったのか。それとも景気なのか。

ドイツはいわゆるリーマンショックの当事国だから、2008年以降の世界同時不況の大構造に含まれます。1997年以来デフレ不況の日本からみると良好でも、GDPの伸びは世界の中では全く小さい。ペーパーアートとプリントアートの人気は、この21世紀世界史と関係があります。

継続的に出展していると、国全体の流れに巻き込まれる感覚がありますが、近くでテロが起きて危機感があった時は逆にお客が多かったような。お客の多い少ないはドイツの主催者団体の収入に響くので、心配でもあり。

ところでこの撮影カメラは、Canon EOS 5Dというフルサイズセンサーの高級機種です。毎度ホワイトバランスの自動調整が難しい会場です。上は雪の会場建物で、偶然生じた配色です。

向かいのブースとの間の通路が狭く、レンズの焦点距離が長めなので、正面から全体を入れて撮ることができないようです。それで斜め向きが多くなります。2日目は作品レイアウトの模様替えを考えています。



2019/01/26

ジャパン・フェスティバル・ベルリン2019の会場16時前



開催初日のベルリン市は、年明けて初の雪景色でした(現地撮影係より)。日本も全国的に雪模様でした。日本はドカ雪にならない程度の小さめの寒波でしたが。

日本時間はもうすぐ1月27日になります。ドイツはまだ26日の夕方で16時前です。売れ行き情報は絵はがきが堅調で、全体に小さいものから出ているような。ここからがんばります。

それにしてもマニアックな雰囲気で、さすがアートの階というか。観客は慣れていて、自分が探しているものを見つけてしまうので、期待しています。

2019/01/26

ジャパン・フェスティバル・ベルリン2019搬入直後



ドイツ時間25日夕方に作品を搬入しました。まずは詰め込んでみたところ、こんな感じです。かなりのごってり感で、周囲を圧迫するような一角に見えます。

しかしまだ試し置きで、ジクレー版画は掘り出される縁起を期待するとしても詰まりすぎに見えるから、これから広げたり狭めたり動かします。例年よりスペースの制約がありますので、お客が見るたびに変化するぐらい動的に考えています。

2019/01/25

明日はいよいよジャパン・フェスティバル・ベルリン2019

いよいよ明日は、ジャパン・フェスティバル・ベルリン2019開催です。ジャパン・フェスティバルと名がつくイベントは、世界中に二ケタはありそうですが、互いに無関係です。ベルリンでは一般商品やサブカルデザイン系と階を分け、芸術関連の階が用意されます。

ドイツの美術展は、概して高尚な場ではありません。何となくかっちりした堅そうなイメージの国ですが、実際はフォーマルスーツが合わないくだけた雰囲気です。これは外国主催の外国展覧会は、基本的にアート売買市場だからです。お客は鑑賞目的でなく購入目的で、難しい顔をする必要がない。

家に飾るとか自ギャラリーに置くとか、民主的な価値観で動いています。審査員はいないというよりも大勢いる意味になり、過去の審査傾向へと収束しがちなコンテスト展にくらべ、作風の幅が広いのが普通です。

今回はミニマルスペースで実験的な対処になりそうです。作品を広げるスペースが得られなかったので、欧米に見かけるカウンターテーブル式みたいなのが予想されます。図書館の閉架書庫式みたいですが、過去にやったことはあります。

展示物はアートプリント(ジクレー版画)と大型絵はがきがレギュラーで、原画の内容をできる限り濃縮したものにしてあります。これは、日本からただ持って行くだけでは、売れ率で伸び悩んでいたから改革しました。今回はマイクロ個展も同居し、詰め込んだ感じになるでしょう。

皆が制作にずいぶん時間をかけてきましたが、二日間はあっという間に過ぎます。外国では日本よりも美術が多く売れると言われますが、実は条件つきです。受賞に向いた作品と、個人が買う作品が異なる壁も意外に大きいのです。全方位何でもありとはまた違うので。
2018/02/21

ジャパン・フェスティバル・ベルリン2018のテレビ局映像いくつか

ジャパン・フェスティバル・ベルリン2018の記録映像が増えていました。2019の主催者発表はすでに行われ、チケット販売が始まっています。こちらも2019用出品作の募集を開始しました。

芸術の階から始まる2018映像。
Japan Festival Berlin 2018

駆け足で、マイクロ個展2018の絵画とクラフトが映る2018映像。
Walkthrough . Japanfestival Berlin, 2018

既報のテレビ局2018映像。
Japan Festival Berlin 2018
2018/01/28

日本の抽象絵画も健闘するドイツ国

ジャパン・フェスティバル・ベルリン2018

四者四様のマイクロ個展のひとつで、三ジャンルをリードしました。過去にもたびたび売れて現地新聞にものった抽象画家で、今回はモノクロ系中心でしたが、この後も売れ2日目は半分の展示数になります。

今回勢力規模が小さくなったジクレー版画ですが、最低2点出す理由のひとつは2日目対策です。さらに1日目に2点とも売れ2日目の不在も起きたので、4点の出品も増えています。
2018/01/28

ジャパン・フェスティバル最初の会場写真

ジャパン・フェスティバル・ベルリン2018

携帯から直接送ってもらいました(撮影:Emiko Oeda)。
2018/01/27

ジャパン・フェスティバル・ベルリン2018が始まりました

さきほど、スタートしました。
現地ドイツからの情報はここです。→Facebook
2017/01/28

ジャパン・フェスティバル・ベルリン2017の売れ具合ラウンド

ジャパン・フェスティバルは、ジャパン・エキスポと並ぶ日本特集見本市で、市民レベルの文化交流祭です。その2017もまたどんな作品も売れる範囲に入れるべく、編集で加勢できるジクレーアートで挑みました。

1月21日、22日の結果は、ジクレー版画は前回より売却数が増え、再び2ケタ。出品総数はわずかに増えただけなので、ひとまず成功です。一人3~4点の出品が増え、無駄のない厳選したコレクションでまとめました。

結果は予想にだいたい合いましたが、やはりサプライズがみられました。今回はモノクロ線画の抽象がいくつかあって、色々と策をこらしたものの、会場では具象が優勢となったように感じられます。次の課題です。

ヨーロッパでは、購入というかたちで評価が出される上に、比較的廉価なジクレーによって、高価で手が出ない問題は小さくなります。購入に至らなかった作品も、反響を調べているところです。

ジャパンフェスティバルベルリン2017会場

この写真は人が少ない時間帯です。原画は平穏な日本画で、ドイツに送りにくい大型サイズで、しかも過去に売れて他国にあります。夏の頃から何度も濃度を変えて、篆刻とサインも何案もやり直した版で、絵と作業の季節が一致し、よい感触でした。
2017/01/23

ジャパン・フェスティバル・ベルリン2017成功

ジャパン・フェスティバル・ベルリンの2日間、2017年1月21~22日は無事に終わりました。前月に会場の1キロ先の教会で、トラックが突っ込むテロ事件があったので、とても心配でした。

お客は多く、最多の時間帯はやはり混雑状態になったようです。ドイツでこんなに人が多いのは初めてという声が、スタッフ役のアーティストから入りました。混雑時は、人の壁で写真が撮れないのがちょっと悩みです。

前回は花火売り場ふうの構えで挑みましたが、今回はごく普通のレイアウトだったようです。成果はこれから分析し、次に活かします。反省会ならあります。

サブカルが牽引する日本イベントの中にあって、アートフェアコーナーは常に発展途上だと感じています。つまり、皆の出し物が異なる傾向に変わると、そのまま異なる世界に変わってしまうでしょう。だから完成しないのです。

そういう新進の場なのが、冠を付けた老舗アートフェアにない自由感です。こちらの出品はサブカルの文脈に何となく乗せながらも、ピュアアートの本線をけっこう守っています。だからか、アニメ漫画のジクレーよりずっと高値を保っています。

少数精鋭的になっていることも確かです。何でもいいや、というふうにはしていません。見るだけでなく買うつもりでお客が来ていますので、こちらも前もってアーティストとよく打ち合わせて準備しています。
2017/01/22

ジャパン・フェスティバル・ベルリン2017専用 Facebook より

ジャパンフェスティバルベルリン2017会場

これは今回手間をかけたひとつで、イケました。元の原画は紙が上下とも一部斜めになっていて、普通に切るとイメージが欠けてしまいます。

そこで、押したり引いたり塗ったり、できるだけ上下をかせぎ、規定の最大サイズに届かせています。そのため、最上部はややふくらんで、龍が末広がりで派手な第二原画となりました。再現できない特別リマスター版です。

ドイツからのFacebook
2017/01/21

ジャパン・フェスティバル・ベルリン2017専用Facebook

ドイツから時々写真が貼られます。
https://www.facebook.com/Japan-Festival-Berlin-ART-from-Japan-3Etage-1218968281490646
2015/10/16

コンテンポラリーアートのサブカル度

最近、購入客がついたのはこれ。興味深いのは、サブカルがかった画に、ヨーロッパの関心が向いている傾向です。今に始まったことでもなく、ペーパーアートコレクションでもサブカルふうがいくつも売れていました。

以前は、「自分はサブカルだ」と言えば、B級グルメ的なへりくだった意味でした。イラスト系やコンピューター画なら平気でそう自称できても、誇り高き伝統的油彩画としては「わしゃサブではなくメインだぞ」と。しかし、サブカルと無縁の作風がめっきり減ったのが現状です。

カメラが完全に普及した今では、まず抽象画、そしてデフォルメや省略が進んだ具象画が前線にいて、芸術性を画策しています。デフォルメを進化させると、自動的に劇画ないし漫画とクロスオーバーしていって。結局、具象はサブカルふうへと向かうわけです。別にアニメ出身でなくても。

そして、サブカル度が19ないし88程度が人気なのです。100段階で。作品がサブカル度いくらかは、念のため点検してみるのもよいでしょう。

72-Crimson.jpg

ただし、これは整理整とんではありません。サブカル度5と95が出会うバトル企画も、ここではやっています。
2014/11/30

常設コレクションの出張でGO

ペーパーアートコレクションを試しに別の場所に移してみることを、ひそかに考えていました。ハンディータイプのセットの利点で、最初から出張もありというふれこみでしたが、考えてみればもう7カ月も Reinhardt 通りでねばっています。半年たった時点で動くべきだったかも。

タイプの違うギャラリーを近くに見つけたようなので、ものは試し。日数消化で終わらせず、リサーチに出かけます。
2014/10/25

ベルリンの芸術の秋

ドイツも日本と同様、展覧会の旬は11月です。その裏をかいた「芸術の秋」展を夏の終わりの8月末にセットしたものの、現地の都合ですぐに晩秋に変更し、やっとあさってスタートです。理想の季節に戻ってきた感じ。

秋をシーズンとするこじつけ理由として、水性絵具は筆の水洗いを繰り返すから、夏向きの作業になるのかも知れません。美術も実りの秋みたいな感覚です。もっとも、日本でも文化の日のプレミアム度は下がり、展示イベントは年間で分散しています。欧米の有名アートフェアは、意外に秋ではない季節が多いし。

ベルリンは日本最北の稚内より高緯度なので、秋も寒冷で、夏も「うだるような暑さ」「熱帯夜」はなく、やはり梅雨もないということです。今のWinkler画廊に冷房や除湿用エアコンはなく。そういえばドイツ車のエアコンは全て日本製だという経済の話題もありました。

現代美術は季節感と縁遠いイメージがありますが、日本の作品に高温多湿な気分の作風が多い点は、読み方のひとつでしょう。
2014/10/07

今度はミニ作品が売れました

「ペーパー14」作品がまた売れたと、昨日ありました。小さなイラスト作品です。何とはがきサイズなので、カード類と考えると高価ですが、おもしろいと珍しがられたようです。

そのペーパーアートコレクションには、ファッションフォトや精細な切り絵なども含まれます。シリアス系の作品では、業界人からのアクセスも時々あります。それにしても、全国から集まった様々な作品には、いつも一期一会を感じます。ページをめくっていくと、何かの物語みたいに思えてきます。不思議な組み合わせで同居しています。

今募集している絵はがき企画は、その売れたミニイラストより大型サイズなので、こちらの販売も楽しみです。100枚あるから使い手があります。最初の印刷ロットをドイツで納品待ちです。誰もやらない精密な版下なので急にたくさんはつくれず、絵はがきコレクションは少しずつ増えていきます。
2014/10/04

展示企画の二次会、三次会

一応民間ギャラリーなので、作品を取り扱って売っていくのが通常業務です。遠いベルリンへ来てくれた作品は、企画への出番の日程が終わっても急いで故郷へ戻らないで、社交の場にもう少し顔を出すことがあります。

「ペーパー14」という、紙作品を常備ストックする企画が続けられています。今そのファイルブックから作品をいくつか選んで額に収め、近くの別ギャラリーで公開しています。

企画説明にない未知の二次会、三次会が、急に入ってくることがあります。当面は作品を同じ場所に置き続ける定点方式をとっていますが、作品を動かす出張展示もやはり大事かなと感じます。

画像