fc2ブログ
2022/12/24

クリスマス前に画集をまた出版しました|今度は簡単にできました

今日はクリスマスイブですが、それを期限として前の画集に続いてもう一冊出しました。今度は絵具の絵画です。2011年に欧米で展示する企画向けに用意した新しい連作30点です。終盤の全てを並べてみました。作品の出来不出来がゆれる様子がわかります。

クリスマスイブが土曜なので、ラジオ番組はクリスマス音楽特集が連チャンです。昔、日曜学校へ通って、その後に洗礼を受けた者の証しとして、礼拝で角砂糖形のパンをいただいたことがあり、でも無宗教で強いていえば芸術教です。

日本人のキリスト教観は、クリスマスのイメージがメインです。たとえばサンタクロースの赤い服のルーツは、コカコーラの宣伝ポスターだった説のように、商戦によって広まってきたと思われます。そしてクリスマスケーキです。

海外のクリスマス画像に、日本式の大型デコレーションケーキは見当たらず、日本のイノベーションとわかります。クリームケーキは四角い紙箱、アイスケーキは円柱状のスチロール箱。予約したケーキを会社員が家に持ち帰る姿が、好景気の光景でした。箱が大きいと家族が多いのかなと。

クリスマスはなぜ人気かの分析は、全体デザインのよさに行き着きます。クリスマスツリー、クリスマスケーキ、クリスマスソング。福祉の走りのサンタクロースとトナカイも合流し、ヒイラギやもみの木に雪、キャンドルや星空などが全て記号化され、直ちに連想されるほどイメージがつながっています。

よその宗教を商戦に使うことに抵抗が小さい日本は、当然経済大国として世界経済を引っ張るVIP国になりましたが、平成の緊縮財政と消費税増税でみる影もなく。クリスマスケーキが売れすぎて品薄だったデマンドプル型インフレに、積極財政と減税でまた戻したいところです。
スポンサーサイト



関連記事
2022/12/13

インボイス制度という自滅で倒れゆく日本文化|アニメやロックの撲滅

日本美術のドイツ展示を背後から支えるひとつは、実はアニメ文化です。日本画は西欧の写実具象と異なる略画であり、その延長にアニメの線画があります。だからアニメに影響を受けた新世代画家の人物画は、現代の浮世絵としても通り、ドイツで好評です。盛り上がります。

そのアニメ業界をボロボロにしてきたのが緊縮財政と消費税増税で、今度はインボイス制度が強行され、日本文化撲滅をたたみ込んできました。ちなみに日本文化を撲滅する勢力は新自由主義とグローバリズムで、ワシントン・コンセンサスの路線です。上位がいわゆる「ワンワールド思想」です。

最近日本で話題は、消費税は直接税だった事実です。1990年や2002年の裁判判決で「預り金でない」と確定済みでした。消費税の嘘への接ぎ木がインボイス制度です。年売上千万円以下の個人タクシーやたこ焼き店、アニメ、Jポップ、デザイン、アートなど零細に1割増税します。皆赤字に落ちて廃業続出でしょう。

インボイスという語を聞いた方で、物語企画より前の、物語募集より前の初期展示に加わった方は、自ら書いた覚えがあるはず。郵便局から国際小包を送る時、作品の種類と材質と重さと個数と価格を書き、伝票とともに局に提出するインヴォイス用紙A4版です。

インボイスは請求書や内訳書を指す英語にすぎず、領収証の英語レシートとペアの用語です。「世界はインボイスを導入しているから日本も」は、増税の方便として外来語を振り回して意味不明です。日本の「失われた30年」の経済衰退を、さらに強める圧がインボイスです。

初期の会員はインボイス書類を12年前から、多い方は20回以上書いたはず。免税や預り金はフェイクだと気づけます。インボイスを吹っ掛けられても、全員が無視すると制度は不成立で、OKした人は増税に加担し日本現代文化の敵に回る理屈です。
関連記事
2022/12/04

画集を初めて出版しました|かなり手間がかかる問題がまだ残る

Amazonの電子出版から、今日12月4日にまた一冊出版しました。それも初の画集です。ひとつの目的は活字本にくらべ、画集というジャンルは作る手順が異なり、使うソフトも別物になるし、そのテスト的な意味もありました。

ネットで「簡単に出版できる」と誘っているのは、理屈はそうであっても、実際にやってみれば変な壁がやたら多いことがわかります。それでネット記事でもソースプログラムを書き換えるなどの複雑な説明もあるし、行き詰まりやすい。出版専用ソフトのバグも目立ちます。

活字本は基本的にインターネット用WEB言語で記述しますが、画集は同様に作ってもバラバラに壊れるから、専用のソフトを二つ新たにインストールして、編集用とモニター用を使い分けます。ところが編集ソフトは正常に動作しません。不具合が多くて不安定です。しかも情報がネットに少ない。

あるページを作り次のページにタッチすると、ストンとソフトが終了し差分が全て消滅して、一向に前に進みません。ページを差し替えても自動で番号が詰めてくれずに、枝番がついて増えていきどれがどれかわからないし。

さらに入稿データ書き出しの挙動が変で、表紙が頭に足されたり0ページを上書きしたりと成否が運まかせで、何度も何度も一から作り直しています。この不具合はネット相談にも出ていました。画像が勝手に巨大化したり、周囲に意味不明の余白ができたりも。

実はドイツ側から製本を依頼され準備していた、その時に壁を調査していました。その出版はボツになり、その時の方法で本当に11月中に出せていたのか、最後まで確かめるために急きょ別の画集で試しました。ちなみに電子出版本のお客の最大の不満は「字がつぶれて読めない」だそう。そこは何度も何度も実験しました。
関連記事
2022/12/01

消費税は直接税であり間接税でない|ドイツの売上税で見当はついていた

日本が今も「失われた30年」なのは、消費税が原因です。今も国全体の貧困化が続くのは「国費は国民が負担する」式の壮大な勘違いを皆が信じるから。日本人だけが「乳児が飲む母乳は、乳児が負担して母の胸に与える」の間違った信念です。

そして我々の海外美術展でわかった、売上税の概念が関係します。ドイツの売上税は19%で、生活必需品と食品は7%です。コロナ後に15%と5%に減税しました。税金は財源だと根本から勘違いした日本では、当然ながらドイツと日本の税の違いを理解できません。

こちらが前身の海外美術展示活動に一画家として参加した2009年に、ドイツは外税か内税かを現地の本部にたずねました。回答は「inner」。この回答は日本の消費税の感覚に起因する間違いだったのです。正しくは直接税なので「direct tax」なのです。inかoutではなくてdirect。

ドイツの売上税は「付加価値税」であり、法人税であり直接税です。現地会場で絵が100ユーロで売れると、お客は119ユーロでなく100ユーロを払います。一方、日本の消費税は付加価値税なのに、1万円の絵が1万千円になり、買い物、消費への懲罰となり平成大不況の直接原因です。

国民全員が言葉巧みに嘘を説明されていたと、動画やSNSでも話題です。しかも1992年と2002年の裁判で「消費税は消費者でなく業者が払うもの」と法の定義が東京大阪で判決済みです。この裁判は「小規模な免税業者の預り金」を弁護士などが告発したもの。弁護士すら知識がなかった。

「預り金でない」法律を無視した嘘が続いたのは「国費は国民負担」という日本人だけの勘違いに沿うプロパガンダだと、裁判から30年たった今さら広まりつつあります。我々がドイツで美術を売ってお客から19%の税を受け取ったことは皆無で、日本だけが何から何まで嘘づくめで自縛し自爆したというわけ。
関連記事