FC2ブログ
2015/10/31

ハロウィーン祭のこれから

日本でハロウィーン祭が、過去最大の盛り上がりだそうです。北半球の収穫祭だから在来の村祭りと似た主旨ですが、現代のハロウィーンは要するにくだけた市民祭でしょう。仮装は祭礼の原初的なモチーフであり、非日常の芸能に結びつくのはいわば正統というもの。

だからこそ、日常とのずれ方にモラル側の抵抗と嫌悪感がハンパでなく、ちょうど権威なき創造作品への拒絶反応と似て映ります。芸術はこういうふうに嫌われるという、シミュレーションをやっているみたいな面が、ハロウィーン祭批判にもあるのでしょう。

向こうの世界に入って笑顔の人と、こっちにとどまり顔をしかめる人に、国民が塗り分けられた様相です。反対派の言い分も、静かだった頃に戻せ、商魂が気に食わない、守るべき伝統が他にあるだろと。寺内たけしや加山雄三のエレキの時にも似て、歌舞伎の初期もこんな感じだったのかも。

クリスマスやバレンタイン同様、日本の文脈でローカライズされ、コスプレとも合流し、古来の河童や映画のゾンビ、漫画のネズミ男なども混じっています。広告代理店の思惑どおりでもなく。テーマパークのアトラクション、秋の商戦、地域祭との混合とか、落ち着く先が定まらない初々しさがまだあります。騒音とゴミを出さなければ、全く変わるわけですが。
関連記事
スポンサーサイト