FC2ブログ
2016/10/22

ボブ・ディランのノーベル文学賞とアーティストイメージ戦略

ボブ・ディランのノーベル文学賞はサプライズで、世界で賛否が分かれました。ボブ・ディランに関して少し知る人は、まずいと感じたかも知れません。というのも、ボブ・ディランは自然体で生きてきた人ではないからです。

かなり前に、ボブ・ディランなる人物のブランドメカニズムを書いた本が出版され、音楽界でやっぱりねと受け取られた暴露本でした。一人の才ある若者の発見と、芸名から始まるイメージ戦略を演出したチームワークの裏話で、ファンはその演出を楽しむというもの。舞台劇ほどではなくとも。

哲学的で思弁的な雰囲気は、チームの戦略管理でつくった虚構だとネタばれ済み。新型アイドルで売り出す時、ベトナム戦争が最重要キーでした。アメリカの戦場撤退(敗戦とは違う)のきっかけのひとつ。

この予備知識で、ボブ・ディランはノーベル賞を無視する可能性が想定できるのです。チーム企画が築いたイメージは、反権力で反権威のシンボルたるカリスマ巨匠だから、賞を与える側が輝くでしょう。ノーベル財団は吸い取りイメージアップ、ボブ・ディランは吸い取られイメージダウン。

ところがどんな反体制の徒も、高齢化すれば権力側に加わる経験則も存在します。ボブ・ディラン側がどちらに動くかは、読めなくなっています。もらえるものはもらっておけの状態に、なっていない可能性も不明です。

有名画家がイメージ戦略で言動も企画した例はサルヴァドール・ダリで、後年の脱力作品にまで下駄をはかせていました。またアンディー・ウォーホルの虚構は早めに表に出て、二度楽しませてくれました。
関連記事
スポンサーサイト