FC2ブログ
2017/08/05

パソコンのシステムバックアップ説明がわかりにくい

ジャパン・フェスティバル・ベルリン2017で、日英コラボ作品のイギリス側パソコンでハードディスクが故障し、2点が出品できなくなりました。急きょ旧作に差し替え、ドイツでは目新しさで売れたものの、新作の登場は延期です。

BSD系のMacOSならドライブ番号はないとして、Windows系はOSをCドライブに置き、データはDやEドライブに保存するのがコツです。一個の物理ドライブをCとDなど論理ドライブにパーティション分割すると、どれかがアクセス不能になっても他が助かる確率が上がるから。

Dドライブの保存データを、外部のUSBハードディスクなどに適宜複写するのが、よくあるリスク管理です。Dドライブが故障しても、できるだけ最新に近いデータが残ることを期待して。

しかしCドライブだけは、手動コピーで再現できません。ランダムコピーだと無効になる指定セクタプログラムがあるからです。そこで、Cドライブをバックアップする専用ソフトがあります。

OSにも一応リカバー機能がありますが、不調を健康に戻すだけなので、ディスクが物理的に破損すると復元不能です。つまりハードディスクが盗まれ、ドリルで穴をあけられたり燃やされたらおしまい。そこで、Cドライブを新品ハードディスクに再現できるソフトが本命なのです。

本命はCDで起動する「クローン作成ソフト」で、しかしその説明はわかりにくい。ディスクが死んでも別ディスクに再現できるタイプなのかが、すぐに判別できないネット説明も多い。ある種の芸術論と似て「いったいどっちの話か?」と、決め手の言葉が難しい問題があります。
関連記事
スポンサーサイト