FC2ブログ
2017/11/17

トレンドブログのフェイクニュースはグローバルな優等生?

モンゴル出身の横綱が他部屋の力士を叩いた凶器は、ビールびんかゲンコツかで、しばらくマスコミがゆれています。最近マスコミのフェイクニュースがひどいと言われます。マスコミ自身は指摘せず、指摘するのはインターネットのWEBサイトですが。

そのWEBサイトで、新聞社サイト以上にアクセス数が多いのが、トレンドブログと呼ばれるニュースまとめサイトです。そのトレンドブログが、最近の事件に関連して被害を出しました。東名高速道路の夫婦死亡事件です。

その容疑者の関係先として、ある会社をトレンドブログが詳しく報告した。すると国民が電話で糾弾し始めました。「倒産させてやる」「殺してやる」などという脅迫が続々とその会社に。市民たちの手で悪人たちを世の中から退治し、抹殺する正義の鉄槌がついに爆発。

よくあるように、関係ない別人の会社でした。騒ぎに大喜びしたのは、トレンドブログの関係者。ガセネタで読者を山のように釣って、アクセス数を飛躍的に伸ばして得た広告料で、一億円以上の年収を獲得。大成功。

この問題で学者たちは憂慮しました。「これではインターネットは信用されなくなる」「アクセスが多いからと、検索ソフトがフェイクニュースを優良扱いしてよいのか」「良質な情報が下位に落とされ、読まれなくなってしまう」と。こうした意見は、異論なのか、ぶれなのか。

良貨を駆逐した悪貨を良貨と呼ぶ、勝ち負け社会に変えたはず。「富を最高の価値とする」「富む者の情報を最高の価値とする」。これらは新自由主義の諒解だったのに?。支持の多さが正義となる単純化した世界秩序へ、日本を変えた後で忘れるのがチト早すぎ。
関連記事
スポンサーサイト