FC2ブログ
2017/11/26

ベーシック・インカムで日本の不況を終わらせる奥の手

現東京都知事がつくった新政党の公約に、「AIからBIへ」がありました。人工知能からベーシック・インカムへ。交替させる意味ではなく、同時に求める意味です。元大阪府知事も以前唱えていました。人の頭脳を電子頭脳に替えるAI革命が、ホワイトカラーを不要にするから。

高給取りだった銀行員も、熟練幹部が頭を使う融資業務さえAIへの置き換えが確定しており、早晩仕事が消えます。現に大手都市銀行でも、全社員を25パーセント減らすと発表したばかり。非正規に替えないで。アメリカに「近い将来に消える百の職業」なんてニュースがありました。事務や営業や管理はもちろん、弁護士やファンドまでもが消滅候補。

仕事が不足して国民が死んでいくので、全国民に月7万円などを支給し、残り少ない職場で働いたら上乗せする制度がベーシック・インカム。いくつかのヨーロッパ先進国は着手済み。急ぐ動機に、日本企業がデモするロボットの衝撃もあるでしょう。曲芸師や兵士も不要になりそうだから。

日本で全く議論されないのは資産家が国を仕切るせいと思われ、実際ネットの議論も自分に有利か不利かで意見が割れています。財源がないとか、働かない人が増える指摘は、働く場が消えて人材が不要になる現実への反論になっていません。社会性のないミーイズムで回る光景か。

自動運転車が普及してからでは遅いだけでなく、電気自動車への移行も部品数が激減して大量解雇になって手遅れ。車の電化が遅れた日本はなおさら。影響を読めない理由で議論を遅らせようにも、今起きて身近に迫っている問題です。早く研究して失敗を重ねるトレーニングが必要。

ベーシック・インカムのメリットに、老後の不安が縮小し過剰な貯蓄が不要で、お金が市場に出て経済が回る点が言われます。すると趣味や教養への関心が増えるかも知れず、美術には有利かも。ただし、うまく制度設計する人材がいない国では、輸入したAIに指示をあおぐのかも。
関連記事
スポンサーサイト