FC2ブログ
2017/12/29

ジャパン・フェスティバル・ベルリン新作 ブランド絵はがき図鑑11

一カ月後のジャパン・フェスティバル・ベルリン2018に並ぶブランド絵はがきの新作は、わずか5点にとどまりました。うち人手に渡っている原画が3点あり、過去に撮影されたストック画像から版を起こしています。トップセールスが出やすいのは新作なので、会場では目立たせます。

申し込み数はもっとあったのですが、製品化に至りませんでした。絵はがきは今どき家庭でもつくれますが、他の作品と同じ現地事情です。ヨーロッパ国では美術があふれ、一般化し、アートのグルメも多いから、相手の手が出る根拠がひとつ以上欲しいという事情があります。

ところで現地の社会はといえば、EUのグローバル政策で相対的に勝ち組となったドイツさえ、景気失速中にあるのは確かです。が、延々と停滞中の日本と違いGDPはやはり上がっているので、消費活動は活発です。新作をもっと送って欲しいというのが、向こうの事情です。

版はすでにドイツ側へ送っています。向こうはGDP上昇に合わせ、印刷料も人件費も前回より上がっているとわかりました。

ブランド絵はがき
関連記事
スポンサーサイト