FC2ブログ
2019/01/09

ビッグデータと芸術の関係がつかめない

アメリカで行われた占いショーのイベント。大きい会場にお客を集めて、占い師が占ってさしあげる趣向。会場に来ているお客の中から選ばれた女性が、占い師にみてもらうと次々と的中して観客が盛り上がります。

「あなたにはお子さんが二人いますね」「はい」「もしかして双子ですかね」「ええーっそのとおりだわ」「なぜわかるの」と、本人は目を丸くし驚きの声。「抽象画に関心がおありですね」。サクラでないことは見ていてわかるから、会場はどよめきに包まれていきます。

よく当たるのは、占い師の団体が住民データベースを取得しているからです。来ているお客が誰で、年齢や仕事や家族構成を占い師は知っていました。プロの占い師がそこまで本気だと知らないお客は、透視術や予知能力を信じたのです。

そのデータベースを国や世界全体に広げるのが、ビッグデータの概念です。電話番号や口座番号などにとどまらず、支持政党や宗教や隠れた趣味もデータ化します。パソコンやスマホで閲覧したページ情報など、本人も記憶にない本人の秘密を第三者が得る仕組みです。日本人は美術サイトを見ないことが、他国にはわかる。

SNSのプロファイルや動画アカウントと照合して、秘密警察にも集めきれない個人情報を電子整理できる時代です。今でも事件があると容疑者のSNSが探し出され、未成年でも名前がネットに出る、それも自動化できます。カード払いと自動運転のGPSデータを加えると、人工知能で個人をリアルタイム追尾できるはず。

無線通信インフラ機器にスパイチップが隠してあると以前からうわさがあり、アメリカがやっと動き出しました。機器に隠された「余計なもの」は、遠隔操作で入れ替えるプログラムのはず。目視不能のバーチャルチップでビッグデータを構築する目的で、実質はかたちを変えた戦争のスパイ活動だという。
関連記事
スポンサーサイト