FC2ブログ
2019/01/18

絵はがきコレクションの再スタート元年

ジャパン・フェスティバル・ベルリンは主催団体が大きくなったみたいで、ドイツで宣伝に力が入っているそうで。主要国でドイツは日本の次にGDPが伸びず、しかし21年間も横ばいの日本より消費はずっと好調で、市民の顔も明るい。

日本は政策の誤謬で節約に徹してしなび続け、その典型が東京五輪の経費削減方針です。あえて経済刺激を放棄し自滅を選んだ日本にくらべ、ドイツは末端にもお金が回る仕組みで、バイト料の下限が時給1300円という。

当企画では今回、最小単位のスペースだけ確保しました。春のうちに早く埋まったらしく、場所どりに失敗。ドイツ人脈に頼り復活で滑り込めたのですが、消費税上げアナウンスで四番底へ向かう秒読みとなった日本の空気にこちらもやられ、腰が重くなっていた失敗です。

絵はがきコレクションは2013年の発案で、翌年が消費税アップでした。増税により風邪がぶり返すように再び冷えた内需低迷で、大手企業シャープなどが外国に身売りする5年となりました。絵はがき展は5回目で、種類が増えて保管問題がふくらんだのを解決することになりました。大手企業と似た窮地です。

絵はがきの海外転戦企画がよそにない理由は、やってみてわかりました。たとえば店舗に絵はがきを預け、委託販売するとします。どれが何点売れたか記録してもらうには、人件費が必要です。タダ働きを強いて済むデフレ日本とは違うから。

記録にお金をかければ、最初から企画参加料は高くなります。デフレ不況だから安くして現地の友情出演に頼れば、売上金歩合と絵はがき残りしか回収できません。後で数が合わないと、店頭での万引きが疑われます。被害届を出すべしなどと気に病む方には向かず、だから絵はがき転戦を実行する企画はここだけです。
関連記事
スポンサーサイト