FC2ブログ
2019/04/24

お金とジクレー版画が似ているおもしろい現象

芸術と経済が似ている話題の次は、お金とジクレーが似ている話題です。マネーとジクレーに共通するキーワードは「打ち出の小づち」です。何かを無限に出すことができるなんて夢話に思えますが、制度として実際に存在します。

現代のお金、貨幣、マネーの意味は、大昔と全く同じで、中世とは全く違います。違いは管理者が自由に増やせる点。中世の貨幣は金銀銅なので、鉱山で掘れば増えました。なので景気を立て直したくて5パー増やそうにも無理です。ところが現代なら電子プリンターでポンポン増やせます。お金も版画も。

「誰もがお金を増やせたらだめでしょ」。そのとおり権限を持つのは銀行であり、洋服店ではなく。「でも増やしたら得しちゃうよ」。そのとおり増分を借りた人が使用権を得ます。「穴埋めはどうするの」。穴埋めする財源はいらず、総額が年々増えるだけ。考え方や今後の実験ではなく、現にやっています。

「ならば銀行が一京円増やせば、国民一人ずつに一兆円をタダで配れるでしょ」。できます。ただし、ラーメン一杯が十億円に上がるでしょう。お金の価値が下がるインフレというやつ。つまりインフレ率がちょいプラスになるよう、お金を増やせる上限が情況ごとにあります。人類は最近これを理解し始めました。

話は変わって、日本にジクレーが生まれた頃にも、お金と同じ疑問が出たものでした。「プリンターで出したペーパーが美術作品だといえるなら、一億枚刷って一枚一万円で一兆円儲かるよね」「そんな商売はずるい」「うまい話のプリントアートを美術と認めるな」「打ち出の小づちの版画をやめさせろ」。

売上は本当に一兆円でしょうか。お金と同じで、版画にも無限に刷ってかまわない理屈がある一方で、価値を保てる上限の量があります。ありふれて、だぶついて、もういらないと言うまで増やせば、値打ちは下がり紙くずに。そんな現代ジクレー論と似た現代マネー論を、理解する日本人が今なぜか急増中です。
関連記事
スポンサーサイト