FC2ブログ
2019/06/09

絵のモチーフはひとつを繰り返す方が傑作が出やすい

アメリカのある予言者が、日本の東日本大震災を初め、世界で起きた事件を予言した実績を誇りました。ノストラダムスのあいまいなポエム文を、現代の出来事へと言い回しで結びつけるトリックと違い、具体的に何年何月に大地震が起きるぞと、的中させたのです。

的中が本物だと信じる理由は、事前に予言内容を郵便として出し、局に記録がある点です。郵便や記録を偽造と疑うことも可能ですが、日本のテレビ番組では予言は本物だと解釈していました。しかしもうひとつ、隠れた情報がありました。

その予言者は年に三万通の郵便を出していたのです。鉄砲を数撃ち、いつか何かに弾が命中する方式でした。それならとスタッフを増やして三百万通出せば、日本の今後820年間に起きる地震を、一日単位の精度で的中できます。時刻も的中させるなら向こう34年分。たくさん予言すると、どれかはぴたり当たる。

このやり方に近いのが、ピカソの絵でした。ピカソは絵を壊して再編するアドリブ方式なので、偶然の当たり外れが激しく駄作が増えたのです。そこでギネスブック記録にもなった世界最多の作品数によって、傑作の数も多い結果を得ました。

当展示企画の参加者も同じで、「おっこれはいけるぞ」という作品は、同じか似た構図の類似作が何個もあるものです。グラフィックデザインも同様に、試作が持ち上がって完成するのではなく、同じものを何度も一から作り直して、同じ図案の別案へ生まれ変わっているのが普通です。

この事実は、画家が一モチーフを一作で終わって、はい次と渡り歩く気分転換した制作法では、完成度が出ないことを示すでしょう。似たような作品をこりずに繰り返すことで、偶然どれかが絶品になっていたという結果論があります。
関連記事
スポンサーサイト