FC2ブログ
2019/07/25

Googleにインデックスされても検索で出ない怪現象

Googleの検索ソフトには、一般には知られない隠れた性質があります。サイト制作者が困る問題のひとつがこれ。あるWEBページが、すでにGoogleにインデックスされてはいる。ならばタイトルで検索すればヒットして出るはずなのに、全く出ない怪現象です。

どういうことなの?という疑問がネットにいくつもあり、質問コーナーにもあります。今も解決しない謎です。WEBサイトづくりの手順はおおまかにこうです。ドメインを取得し、サイトをデザインしプログラムして、ドメインフォルダにサイトページを置く。

するとリンクをたどってGoogleボットが訪れ、インデックスされます。インデックスとは、Googleの総合索引データベースに当該サイト全ページが記録されること。検索会社はGoogleしかなく、YahooやMicrosoftなどは撤退して久しい。

記録されるとGoogle公認ですが、次に怪現象が起きます。サイトアドレス(URL)でGoogle検索すると、一応インデックス済みだと確認できます。しかしタイトルで問うと、そんな名前のページはない結果が出ます。この空白が数カ月続きます。

それが起きるのは新規ドメインか新規サブドメインのみで、中古ドメインでは起きません。初登場のドメインだと、トップページがタイトル検索で出ても、サブページはタイトル検索で長期間出ずに、干されたかたちになります。

美術作品サイトと違い、商用のランディングページなどはGoogle検索結果からの流れ込みがほとんど(95パーなど)なので、裏が疑われます。特別料金で解除される疑惑もあるほど。以上プロ制作のお話でした。
関連記事
スポンサーサイト