FC2ブログ
2019/07/31

日本銀行が手をこまぬいている原因はリフレ派の経済信仰

理屈を勘違いした消費税増税を前に、日銀は金融をいじるべき場面なのに、いじらないニュースがありました。国家が傾き途上国化した今、立て直すのは中央銀行の上司たる政府です。つまり衆参議員がやるべき簡単な理屈ですが、しかし誰も何もできない状態。

日銀で起きたことは、芸術よりも簡単かも。耳タコの「異次元の金融緩和」とは、お金を大量に用意して低金利融資をセットしたこと。具体的には政府が国債を発行し、一般銀行と投資家が買った状態でスタンバイ。こうして2013年から中央政府はお金の元を刷り、マネタリーベースはできた。政府負債1100兆円のうち400兆円がこの発行残高です。

なぜお金を増やせば景気が上がるかは簡単。1960年代高度成長や、80年代バブルのインフレ好況は金余りでした。消費は美徳。逆に70年代不景気や、27年間の平成デフレ不況は金不足です。節約は美徳。金不足の国民に金を与えれば、欲しかった物をあれこれ買うから好景気に向かう。簡単な話です。

そこでお金を増やす会社である日銀が、お金を用意した。しかし結果はデフレ不況のまま。そこで空前の好景気が来たと虚偽発表して、後に統計操作が発覚。そして国民は今、芸術以上にわけがわからない判断停止の心理で、参院選も敬遠した。

日銀がお金を用意しても、なぜ景気は上がらないのか。簡単な話で、用意だけして国民に与えないリフレ政策だから。与え方は簡単で、政府財政出動と法人税増税と消費税減税です。日本を傾けた時の手順の逆をやればよい。財政出動のやり方は、政府が発注し政府小切手で支払う。全国の交通や河川インフラと教育や研究や福祉が先決で、トップは水道管。簡単な話。

その簡単なことが、なぜ日本だけできない?。政府財政出動は個人貯蓄の使い込みだと誤解し、禁じてデフレスパイラルを強めたのです。母が子に乳を飲ませると、母の体がしぼんで消滅するからと恐れて、子が飢え死にした悪い冗談です。非科学的信仰が招いたこのドジを、芸術的なギャグネタと見立て今出版準備中です。
→消費税おもしろギャグ動画へのリンク
関連記事
スポンサーサイト