FC2ブログ
2019/08/30

facebookのLibraと円のユーザー使用料と芸術

日本の自国通貨である円を使う人は、基本料や手数料を払っていません。もし有料だと儲けるメカニズムが生じ、独占権を盾に途中で使用料がつり上がるでしょう。主催者がユーザーの足元をみる豹変が途中で起き、規律が壊れていきます。目的が変転している消費税みたいに。

その円も、外国へ送るには手間とコストが多大にかかります。子どもが留学して親が仕送りする時、身元を詳細に明かし、まとまった送金手数料と為替手数料を払います。何年か前までは、外国へ30万円届けるには31万円前後送りました。

仮想通貨なら30万円ぽっきり送れば全額届きますが、善良な送金の陰で反社会的な送金にもサービスが開かれます。テロ報酬や資金洗浄など、闇資金と闇金融の規模は大きい。今それをやるなら、銀行の特別契約とカジノ送金網あたりか。

通貨を発行する私人が急増したのは、親役の特権で巨万の富が手に入るからです。だから各国の現状は、非営利特殊法人(NPO相当)たる政府に自国通貨発行の権限を与え(EU各国は除く)、お金の使用料による庶民搾取も阻止しています。

「日本の借金は1000兆円、国民一人800万円で子孫は借金づけ」の真っ赤な嘘に、日本人は30年もだまされました。貨幣プリンターを政府だけが持つ仕組みを、国民が知らなかったからです。「借金が増えたら破産するのは家庭も同じ」は勘違い。「政府借金が増えるほど国民所得が上がる」と今ごろ知っても、貧困化した後。

自国通貨の論理で、世界統一通貨へのあこがれは消えます。お金は売買ツール以前に、国内の水や食料や物資を国民に行き渡らせる統治ツールだから。ところがこの貨幣機能は世界中で勘違いされ、まるで芸術機能とそっくりです。昔の人の巧妙な知恵を今の人が理解できず、解釈が浅くなるのも共通点か。
関連記事
スポンサーサイト