FC2ブログ
2020/02/26

新型コロナウィルスの世界戦争|ダイアモンドプリンセス号の規模

ダイアモンドプリンセス号が横浜港に入って、次にどうしていればよかったのかを考えました。何しろ船内は3700人です。37人ならバスの規模なので、分散して検査ができるでしょう。しかし370人では、スコーンと一発で解決しません。

そのまた10倍の人数で、できることは限られるどころでなく。つまり人類は微生物に負けているわけです。将来また起きるのを防ごうとすれば、前もって豪華客船を病院船に設計して、空調のエア循環を排気だけにしたり、医療器材をそろえるなどになりそうです。

しかし個人の思想も壁になるから、国際的に小学校で感染症教育も必要です。個人の思想という意味は、感染症には迷信も意外に混じって広まっている問題です。

以前女性の集まりで、ウンチクを述べた時のことでした。風邪を他人にうつすと、回り回ってまたうつった時に、組成に違いが生じて免疫が効かない話でした。するとやはりいたのです。風邪を他人にうつすと、自分が直ると長年本当に信じていた人が。

自分のウィルスを他人にあげたら、自分の方は減るから回復に向かうという、数合わせ的な思考でした。これは何だか、国の財源論みたいな話です。国には財源があるという、よくある誤解です。国の補助金を高齢者介護に出せば、教育に回す分が減るという、勘違いの財政思想です。

国家予算は増えるウィルスのごとく、故意に増減できます。一国で政府のみ自由に自国通貨を発行して増やし、徴税で回収できます。そうだと知らない人は、高齢者を安楽死させたら、若者の負担が軽くなると本気で信じています。しかし今、政府がその勘違い中です。ウィルスの陰に隠れて、これが日本の本当の苦難です。
関連記事
スポンサーサイト