FC2ブログ
2020/03/17

ブログ村ランキングに参加してびっくり|日本美術業界は中央以外没落か

日本ブログ村に参加すると、全国ランキングというアクセス数順位がつきます。読者に「にほんブログ村」「アートランキング」を押していただくと、村の中で順位が上がり、そこからの流入が増える仕組みです。まずブログ総合ランキングにエントリーすると、順位は2万5千でした。

しかし庭木サイトや遺産相続サイトと競う意味もないから、カテゴリーのボタンに替えました。そこで驚いたのです。美術ブログを選べば、いきなり240位です。今加わってこの順位の高さは、エントリー数の少なさを意味します。

美術論のカテゴリーに変えたら、何と12位に上がります。ビギナーが上位に入ってしまうのは、全部で20ブログほどだからです。やる意味もありません。画家志望というカテゴリーも目につきます。それも試しにセットして一票を入れてみると。

何といきなり2位に躍り出ます。しかもビリ。つまり日本全国で参加者は現在1人だけで、その人のブログが不戦勝でトップの座にあるのです。画家志望者が1人?。その人が日本を背負って立つのかも。

美術の関連サイトで読者がいかに少ないかは、美術が日本でメジャーなジャンルになれていない現実と一致します。日本の美術業界はお客の獲得に失敗し、国民へのエンタメにできずにくすぶっていると、よくわかります。

最近少しブログの手入れを行っています。ブログマネージメントシステムこそありませんが、アートマネージメントの一環には一応あります。他の方のブログも改良して、横のつながりをつくってみようと考えています。
関連記事
スポンサーサイト