fc2ブログ
2021/04/21

仮想通貨ビットコインはなぜ通貨にできない?|美術品の価値と似た面

仮想通貨、暗号資産のビットコインが、大きく下がってニュースになっています。ビットコイン以外の仮想通貨も、暴落と言われて落ちたようです。世界中でコロナ給付金は平等に配られていて、高所得層が金融商品に投機してきた流れです。投機はナンピン買いが可能な資産家が勝つ道理です。

ビットコインについて参加者と相談したことがありました。こちらの関心は、投機商材としての美術品とのアナロジーとともに、ドルやユーロや円に替わって国家の通貨になる可能性がない、財政技術の本質論でした。

今回の下落の伏線として、トルコで仮想通貨を規制したり、インドなどいくつかの国で所持を違法にする方向だという情報があります。日本も当然、円に替えて暗号資産のデジタルコインを通貨にすることは不可能です。

デジタル仮想通貨は責任者の不在が利点と言われますが、通貨は国ごとに必要なので政府が著作発行権を持ちます。各国政府が仮想コイン類に反対するのは、国民の生命財産を保護する既得権です。財務省の資料では、政府は国民に年240兆円渡しています。国民はこれを知らず、0円のつもりです。

政府が発行と徴税で通貨量を増減して、インフレ率や失業率のコントロールと産業振興を行います。福祉だけでなく大規模災害や疫病蔓延でも、ばらまく権利がないビットコインだと、企業は全滅して従業員は皆が路上生活です。

たとえばアメリカがドルをやめてビットコインに変えたら、FRBの財政出動が消えて貧乏国に落ち、原子力空母も全て廃船です。仮想通貨がアナーキーと言われるのは、世界中を猿人の時代に戻す願望を意味するからです。
関連記事
スポンサーサイト