fc2ブログ
2021/10/26

日本経済はなお混沌として正論が通らず|お金を全く誤解した国民

「国民所得倍増」を公言した候補者が総理大臣となり、新内閣が発足しました。しかし増税の話ばかりで、所得倍増論も消えました。元の経済低落と貧困化ニッポンへと、歩を進めています。

先に正解を言いますが、所得倍増とは政府がお金を二倍刷り足す意味です。ウソでしょと思う人が多いから、現に「失われた30年」なのです。日本以外の国は、政府が自国通貨をばらまくことで経済成長し続けました。トランプ+バイデン大統領のやったとおり。

政府が発行して国民にばらまいたお金は、賞金総額です。企業や家庭や個人、飼われるペットで山分けします。お金の発行だけで成り立つなら、税金は何なのか?。余剰金の間引きです。なぜお金を捨てるのか?。インフレ率の抑制です。

それを日本国民が理解できないのは、お金の総量を一定とする金本位制の害です。お金を用意するには、ある場所から持ってくるのが日本式。「財源はどこだ?」の勘違い発言がまさにそれ。政府がお金を使う時に、必ず発行して総量が増える現代の方式を知らないのです。

財源を公債(国庫短期証券、国庫債券、財投債)の発行で生む追加造幣で行う方式を「管理通貨制度」と呼び、1930年代から世界はこの方法です。日本はガラパゴスで、発行済みの有限のお金をイス取りゲームする状態です。当然、経済成長は絶対に起きず、デフレ不況が続きます。

メンタリスト何とかが動画で、ホームレスや生活保護者を食わせてやる重税に苦情を言い、ヒトラーの優生思想や選民思想に触れたのもつかの間。衆議院選挙でお金をばらまく政党の正論に対して、国民は大反対するありさまです。世直しに動こうとする議員を、国民が阻止する構図です。
関連記事
スポンサーサイト