fc2ブログ
2022/02/28

ロシアのウクライナ侵攻とポストアフターベルリンの壁|三次大戦開始

やっぱりと思ったのは、「ポスト・アフター・ベルリンの壁」です。「壁以後は終わった」。1989年は転換点の大事件が重なりました。世界史はベルリンの壁崩壊、天安門事件。日本史は昭和天皇のご逝去、消費税導入、金融バブルの崩壊。

共産主義が巻き起こした東西冷戦は1991年のソ連解体で終わり、民族や宗教の独立紛争と、新自由主義経済にグローバリズムです。全てが日本も直撃し、1989年以来33年続く「失われた30年」の不景気、デフレ不況です。原因は世界唯一の緊縮財政と無限の増税。

ソヴィエト社会主義連邦共和国がロシア連邦で出直した時、ゴルバチョフからエリツィンへ託された民主化と自由経済は実行されました。が、西側国の持ち株会社やファンドなど国際金融資本が指導しながら、天然資源の利権を奪っています。

民営化と株価上場の際、株を買い占めました。日本は郵政民営化で同じ目にあい、民営化で国営資産は流出し、国民は高料金と低サービスを強いられました。これがロシアにも激しく起きていました。

よく1998年のロシア財政破綻が言われますが、原因はドル建て国債の借金であり、固定相場のルーブルが急落し、過剰インフレになりました。インフレはお金が多いからではなく、国産の商品が乏しいから起きます。通貨を増やしても買う物がないから、お金がだぶつきすぎて価値が落ちすぎる。

新自由主義は、政府に通貨を刷らせず国を貧困化させ、企業や技術や特許や不動産を外資へ投げ売らせる理念です。侵攻はアフターコロナに向けたワールドオーダーデザインの一環、SDGs(エスディージーズ、持続可能な開発目標)を転換させる合図か。ドイツはついにエネルギー方針を改めるらしく。原発に戻るきざしも。
関連記事
スポンサーサイト