fc2ブログ
2022/04/26

世界のインフレと日本のデフレで円安|正当な日銀はガリレオかゴッホ

世界はインフレ騒動で、ドイツもインフレが目立つと聞きました。ドイツは世界にならいコロナ減税し、生活用品と食料品の売上税7%を5%に下げています。減税で物価は値下がりし、インフレで値上がりし、暮らしの好転はチャラなのかも。

インフレとは何か。マスコミもおよそ全員が誤解しています。良性と悪性があり、通貨のばらまきによる消費ブームで起きる良性が、デマンドプル型インフレです。物価以上に所得が上がります。ばらまきによる通貨増を、経済成長と呼び、通常のインフレは幸福です。皆の警戒とはあべこべ。

対して原油や木材の高騰で起きる悪性が、コストプッシュ型インフレで、狂乱物価です。所得は横ばいか下落。このように物価上昇は二種類あり、世界は今デマンドプル型とコストプッシュ型のミックス状態です。アメリカは景気上昇を減速させるテーパリングで、金利を上げすぎにみえます。

しかし日本のみ特別です。日本は二次大戦の懲罰「財政均衡」が今も続き、故意に経済成長を止めて貧困化促進中です。日本だけがデフレ不況下の狂乱物価で、スタグフレーションなのです。日本にいても殺されると、海外亡命する若者が増加中。特に女性の自殺がすごい伸び。中高年の一家心中も。

日本の物価高騰に良性の成分はなく、悪性の成分だけです。景気過熱を冷やす金利上げは、欧米国と違い日本のみ厳禁です。原理を理解した日銀は金利を下げて融資を誘うために、国債指し値オペをやっています。論者たちは、金利の内外差が円安原因だとして、唯一正しい日銀を叩く声ばかり。あべこべ。

たとえるとこうか。各国は運動して体温上昇し、冷たいシャワーをあびる計画中。しかし日本の体温上昇はインフルエンザ発病なので、冷たいシャワーはだめ。そこで日銀は暖房を入れました。皆は「日本も外国のように冷やせよ」と批判しているわけです。「失われた30年」が続くはず。
関連記事
スポンサーサイト